アジアの鷹

スポーツをまとめています。
野球が多いかもしれません。
野球では、ソフトバンクファンです。

    ソフトバンクが大好きです。
    他の球団も載せますよ~
    他のスポーツ全般を載せています。


    ガチ競走馬の出産から育成までを見守るプロジェクト



    [PR]

     人気競馬ゲームダービースタリオン」をリアルで再現する企画リアルダービースタリオンが、ニコニコで行われていることをご存知ですか?

     2017年より開始したこの企画は、繁殖牝馬購入よりスタートしました。仔馬の出産、育成、レースデビューまでを視聴者の皆さんと追いかけています。
     その中で、2020年に誕生した「シュシュブリーズの2020」という仔馬がいます。「シュシュブリーズの2020」は現在、競走馬になるべく成長中です。

     「シュシュブリーズの2020」は、競走馬としてYGGホースクラブに所属することが発表されました。
     一般の方でも、YGGオーナークラブに出資することで、所属馬の「一口オーナー」となり、馬主体験をすることができます。つまり、「リアルダビスタ」で追いかけていた「シュシュブリーズの2020」の一口馬主になれるチャンスが生まれた、ということです。

      そして2021年2月。「シュシュブリーズの2020」の近況と、YGGオーナークラブの情報をお伝えするニコニコ生放送シュシュブリーズの仔馬で馬主体験をしてみよう【YGG×ニコニコ】』が放送されました。

     番組の司会は「都丸ちよと春瀬なつみのぱかぱか競馬塾」でお馴染みの都丸ちよさんと春瀬なつみさん。
     ゲストにはYGGオーナークラブ代表取締役福原聡さん。「シュシュブリーズの2020」を一番近くで見守る藤沢牧場の藤沢亮輔牧場長が登場しました。

     番組では、「シュシュブリーズの2020」の近況、「一口会員」の出資方法の説明などが行われました。この記事では、番組の様子の一部をご紹介します。


    「リアルダビスタ」で仔馬の母親気分に

     番組序盤では、ニコニコを使って人気競馬ゲームダービースタリオン」をリアルに再現してしまおうというリアルダービースタリオンの説明が行われました。
     「リアルダービースタリオン」は、ダビスタ開発者の薗部博之氏をはじめとする先輩馬主や調教師の方にアドバイスをもらいながら、ユーザーの皆さんで購入する馬を決めたり、馬に名前をつけたり、出産、育成、レースデビュー、引退までを追いかけるという企画です。

     企画は2017年、繁殖牝馬の「シュシュブリーズ」を購入することから始まりました。
     そして2020年シュシュブリーズから産まれて、1歳馬になったばかりの仔馬の一頭が「シュシュブリーズ2020」なのです。

     育成している様子はニコニコ生放送リアルタイムに見ることができ、司会の都丸さんは「もうお母さんの気持ちになっちゃった!」と、母親モードで仔馬たちを見守っていることを明かしました。

    「シュシュブリーズの2020」は1歳馬にして大物の予感…!

     「シュシュブリーズの2020」を一番近くで見守っている、藤沢牧場の藤沢亮輔牧場長リモートゲストとして登場すると、この仔馬の近況がたっぷりと語られました。

     「シュシュブリーズの2020」は「無駄なことをしない賢い子」「イザ本番では威力を発揮する省エネタイプ」「自然治癒力が高く、非常に丈夫」であることが語られます。
     さらに「1歳で360㎏を超えれば大きいと言われますが、既に370kgを超えているので、平均や他の馬と比べてもだいぶ大きいです。体高も154cmあります」と紹介されました。
     コメントには「もうメロディーレーンよりデカい」と、馬体重300kg台前半という小柄な馬体ながらも長距離を得意とする競走馬メロディーレーンとの比較コメントが飛び交いました。

     随所に感じられる「シュシュブリーズの2020」の大物の予感。そして、「馬が『走りたい!』と思えるよう育てていくのが僕らの仕事」という藤沢牧場長のコメントに、視聴者も惹きこまれていきました。

    血統からレースの適正が分かる!?

     「シュシュブリーズの2020」について、「短距離タイプか長距離タイプといった適正はどういったタイミングでわかるんですか?」という質問が飛び出します。
     藤沢牧場長より「ある程度、遺伝子でどのタイプなのかがわかる血液検査もあります。血統から見てもパワーがあるのでダート適正はあるのかなと思います。」とのマニアック情報が飛び出し、視聴者からは感嘆の声がもれました。

     そして、「シュシュブリーズの2020」映像が紹介された際には、「左足だけ靴下がないんですね!」と左足のみ足先の白い部分がない点に触れられると、藤沢牧場長が「靴下の履き忘れ」と表現したため大きな笑いがうまれました。

    「シュシュブリーズの2020」に出資すると何ができるの?

     番組はここから、実際に「シュシュブリーズの2020」への出資の仕組について、YGGオーナークラブ代表取締役・福原聡さんから解説されました。

     「シュシュブリーズの2020」への出資を希望される方は、まずYGGオーナークラブの会員となり、同クラブの愛馬会法人と「匿名組合契約」による出資契約を締結します。
     その愛馬会法人が、中央競馬(および地方競馬)に馬主登録のあるクラブ法人に競走馬を現物出資するという仕組みであることが、図を用いて解説されます。

     そして、競走馬が賞金等を獲得した場合には、愛馬会法人から賞金等が会員に向けに分配されるという流れも紹介されました。

     福原さんは「馬を見守るという感動体験だけでなく、レースで勝てれば配当金も戻ってくるのが一口会員、馬主体験の魅力です」と語りました。
     続いて、特典も多く5口以上の出資には利点も大きい「ベーシック会員」と、月会費が不要でエントリーしやすい「ライト会員」の2種類が設けられていることも紹介されます。

     ベーシック会員の毎月600円の維持費出資金(競走馬の餌代)に関しては、余っていれば戻ってくることが伝えられると、都丸さんが再び「もっと食べて!もっと払ってあげたいくらい!」と再び母親モードで声を上げます。

     また、会員の特典である定期開催イベントについても語られました。
     現在はコロナ禍ということもあり、開催が厳しい状況にありますが、以前は実際に競走馬を会員の前で調教し、出資を検討して頂くイベントが定期開催されていたそうです。
     そこでは現役の調教師やジョッキーを招いており、過去には藤田菜々子騎手ゲスト登場もあったことが語られると、視聴者コメントで大きく盛り上がります。

     福原さんは「イベントも落ち着いたら随時行っていきたい」と締めくくり、今後のイベント開催にも期待が高まり、番組は終了となりました。


     「YGGオーナークラブ」では現在、ポイント還元やお友達紹介など、お得なキャンペーンを行っています。
     競走馬に投資して愛馬の成長を見守るという感動体験、そして競馬がもっと近くに感じられるこの馬主体験、是非この機会にみなさんも新たなゲートを開かれてみてはいかがでしょうか。

    ベーシック会員でのご入会者向けキャンペーン情報の詳細はコチラ

    「YGGオーナーズクラブ」オフィシャルサイトはコチラ

    番組info

    『シュシュブリーズの仔馬で馬主体験をしてみよう#4【YGG×ニコニコ】』

    『都丸ちよと春瀬なつみのぱかぱか競馬塾』

    チャンネルはコチラ

    【馬房定点】今日のシュシュブリーズの息子

    チャンネルはコチラ

     

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ガチ競走馬の出産から育成までを見守るプロジェクト】の続きを読む



    (出典 full-count.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/02/27(土) 21:42:33.29

    巨人は変わらなければならない――セ・リーグ連覇を果たしながら、日本シリーズではソフトバンクの前に2年連続で4連敗。球界の盟主の座を譲り渡した巨人・原辰徳監督は、就任3年目のキャンプで新たなチーム改造へと乗り出している。「ソフトバンクに勝つためには全ての面でのレベルアップが必要」と語る指揮官を直撃した全3回のインタビュー。第1回はチーム改造の切り札となる桑田真澄投手チーフコーチ補佐就任の全真相を聞いた。
    (全3回の1回目/#2、#3へ続く)

    「オーナーも即座に『それは賛成だ』と」
    ――桑田コーチの就任は正直、驚かされました。まず桑田コーチに白羽の矢を立てた理由を教えてください。

    「ここ数年、私の中では野球界全体が止まっているような、そんな閉塞感のようなものを感じる部分があったんです。実際に私が監督として巨人に戻ったことも、どこかに先に進んでいないというものもある。もちろん私自身の中では、自分が監督に戻ったことでそういう野球界に一石は投じたという自負はあります。ただ、その中でジャイアンツを動かし、次に繋げるという意味で、非常に気になる人がいた。ここ数年の野球にたいする言動も含めて非常に注目する存在がいた。それが桑田真澄だったということです」

    ――具体的にはいつごろから動き出して、どういう経緯で実現したのでしょうか? 

    「昨年の12月29日だったと思います。山口(寿一)オーナーにお目にかかって、そこで私が『実はオーナー、私は野球界で非常に気になっている人が一人だけいる。それは桑田真澄なんです。彼をスタッフとして迎え入れたいと思っていますが、いかがでしょうか? 』と聞いたんですね。するとオーナーも即座に『それは賛成だ』と言ってくれた。そこで次に宮本(和知投手チーフコーチ)に『ミヤ、こういう形で真澄をジャイアンツの一員に迎え入れたい。俺自身も興味あるし、スタッフになってもらおうと思うけどどうだい? 』と聞いたら彼も『僕も勉強になるし、ぜひともお願いします』と。その2人だけでしたね、相談したのは」

    ――そこから桑田コーチ本人にコンタクトをとって、話はとんとん拍子に進んでいったということですか? 

    「大塚(淳弘)副代表が二軍マネージャー時代から桑田との信頼関係があった。そこでまず、副代表に電話してもらって、それで僕が暮れの30日か31日だったかな、直接電話で話して1月の5日に会う約束をしました」

    ――就任はその場で決まったのですか? 

    「話は早かったですね。『僕は野球人として桑田真澄という存在が非常に気になる。あなたはジャイアンツのOBだし、選手に強い影響力を与えて欲しい。あなたの野球観、人生観、そういったものをスタッフの一員として思い切って選手たち……選手だけでなく私に対しても伝えてくれ、暴れてくれ』と話しました。それと『何かあったら必ず、全責任は私が取る。責任を持つし、応援もする。そこは心配しないでくれ』と話しました」

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2f3ff50c368f8c0657d4f012128a76035ba6cc55
    2/27(土) 11:05配信


    【原辰徳監督が明かす桑田真澄コーチ就任の真相】の続きを読む


    聖火ランナー、相次ぐ「辞退」に波紋 



    2021年2月下旬になって、東京五輪の聖火リレー辞退が相次いでいる。森喜朗組織委前会長の辞任劇・島根県の県内聖火リレー中止検討に続いてのランナー辞退の動きは、先行きの不透明感を強めている。

    次々と明らかになった「辞退」

    2月、芸能界で聖火ランナー辞退の口火を切ったのは、ロンドンブーツ1号2号田村淳さん。森会長(当時)の「オリンピックコロナがどんな形であっても開催する」という発言などを「理解不能」とコメントして、愛知県での聖火リレーについて3日に辞退を公表した。

    そして26日には、芸能界から辞退のニュースが相次いだ。歌手の五木ひろしさんは出身地の福井県でランナーを務めることになっていたが、スケジュールの都合で辞退することになった。

    福井県の隣県石川県では、常盤貴子さんが辞退していたことが石川県議会での答弁で明らかになり、福島県リレーに参加予定だった俳優の斎藤工さんもスケジュールが流動的になったことを理由に辞退していたことが報じられる。沖縄県での聖火リレーでも女優の玉城ティナさんが、出身地の浦添市を走る予定だったリレー参加について所属事務所が辞退の申し入れを行っていたことが26日に明らかになった。

    こうした状況に、政界からも反応が。前東京都知事の舛添要一氏は、26日に「芸能人などの著名人が走ると人寄せパンダとなって、密集状態となる。本当に聖火リレーを成功させるには、有名人の参加はすべて取りやめにするというのも一つの手だ」とツイート

    さらに日本共産党志位和夫委員長ツイッターで27日、「政府は、次々と聖火ランナー辞退が広がるのはなぜか、よく考えるべきだ。コロナ収束の見通しも、ワクチン接種の見通しも定かでない。医療機関の疲弊と逼迫も続く。こんな状況では、今夏の五輪は無理。国民の多数はそう考えている」と投稿した。

    理由は「スケジュールの都合」

    もっとも田村さんを除けば、いずれも辞退理由は「スケジュールの都合」である。2021年の聖火リレー3月25日福島県からスタートし、7月23日までかけて47都道府県を巡る予定だった。福島県3月25日から27日、福井県5月29日と30日、石川県5月31日6月1日沖縄県では5月1日から2日にリレーが予定されていた。

    このほか、愛知県を走る予定だった将棋の藤井聡太二冠も、スケジュールの問題を理由に2020年10月に辞退の申し入れを行っていたことが2021年2月11日明らかになっている。

    画像はイメージ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【聖火ランナー、相次ぐ「辞退」に波紋 】の続きを読む


    びわ湖毎日マラソン


    宇和島出身の鈴木健吾がマラソン日本新【愛媛】

    …28日開かれた、びわ湖毎日マラソンで、宇和島市出身の鈴木健吾が、2時間4分56秒の日本新記録を樹立し優勝した。 大阪マラソンと統合されるため最後の開…
    (出典:南海放送)



    【びわ湖毎日マラソン】の続きを読む



    (出典 pm-img.skyperfectv.co.jp)



    1 名無しさん :2021/02/28(日) 15:21:16.23

    前スレ
    【闘球】ラグビー総合実況スレ2.27~
    https://mao.5ch.net/test/read.cgi/dome/1614401295/


    【ラグビー総合実況スレ2.28~】の続きを読む

    このページのトップヘ