アジアの鷹

スポーツをまとめています。
野球が多いかもしれません。
野球では、ソフトバンクファンです。

    ソフトバンクが大好きです。
    他の球団も載せますよ~
    他のスポーツ全般を載せています。



    (出典 www.hulu.jp)



    1 どうですか解説の名無しさん :2020/11/22(日) 09:06:45.68

    どうするんこれマジで


    【野球の実力でも選手の民度でも完敗してしまった巨人軍】の続きを読む



    (出典 baseballking.jp)



    1 首都圏の虎 ★ :2020/11/22(日) 22:14:43.06 ID:CAP_USER9.net

    ◇22日 SMBC日本シリーズ第2戦 巨人2―13ソフトバンク(京セラドーム大阪)

     巨人は初回に3連打と失策絡みで3失点するなど計13失点で2連敗。広島時代の2018年から3年連続で日本シリーズに出場し、いずれもソフトバンクと対戦している丸佳浩外野手(31)は「5番・中堅」で出場したが、この日で日本シリーズ“10連敗”となってしまった。

     丸は通算4度目の日本シリーズ出場。18年は1勝1分けで迎えた第3戦から4連敗で敗退し、巨人への移籍初年度だった昨季は第1戦から4連敗で日本一を逃した。

     この日は7―2で迎えた6回1死一、二塁で空振り三振に倒れるなど、4打数無安打と快音は響かず。これで日本シリーズ通算18試合で打率1割9分1厘と不振が続いている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1c9b0a928ee3222d3d4bb27003d6b6b8c1ae885d

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    【巨人・丸は日本シリーズ“10連敗” この日も4タコ…シリーズ通算打率は1割9分1厘】の続きを読む



    (出典 i.daily.jp)



    1 首都圏の虎 ★ :2020/11/22(日) 09:58:00.82 ID:CAP_USER9.net

     野球評論家の中畑清氏が22日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)にリモート生出演した。 

     番組では、「SMBC 日本シリーズ2020」第1戦でソフトバンクが巨人に5-1で先勝したことを報じた。ソフトバンクは、日本シリーズで18年第3戦から9連勝。巨人、西武、ロッテと並んでいた最多連勝記録を更新し、昨年のCS第1ステージ第2戦からポストシーズン13連勝となった。

     中畑氏は敗れた巨人について「攻撃陣、点が入ってないんですけど、やるべきことはできたんです」とした上で「状態のいい千賀をどう攻略するかが一番のテーマだったんですけど、それが3回円陣を組んだ後にあのお化けフォーク、追い込まれてからでもみんな見極めて、選んで選んでフォアボールという形を作れたんです。それが全員選べるんです。フォークボールは簡単にミーティングしたからといって見極めることできないんです。それができた」と解説した。

     その上で「この後の戦い方をたら千賀以外だったら攻略できるんじゃないかなという期待感が持てるシーンが続いたんで、今日は面白いと思います」とコメントしていた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e445a52067997711357a3d65bfa5cbe909f5a4c7

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    【中畑清氏、初戦黒星の巨人に期待「千賀以外だったら攻略できるんじゃないかという期待感持てるシーン続いた」】の続きを読む



    (出典 news.biglobe.ne.jp)



    1 征夷大将軍 ★ :2020/11/21(土) 22:55:34.77 ID:CAP_USER9.net

    プロ野球日本シリーズが始まった。2年連続で「巨人vsソフトバンク」となったが、去年は6年ぶりに日本シリーズに進出した巨人が、ソフトバンクに4タテの惨敗に終わっている。実は試合内容以上に悲惨だったのは、両チーム地元での視聴率。4試合平均で40%弱のソフトバンクに対して、巨人は10%弱と4倍の差となった。しかもシリーズ中に開催されたラグビーW杯の「日本vs南ア」と比べると、世帯視聴率は4倍以上だが、T層(男女13~19歳)と1層(男女20~34歳)の個人視聴率では6倍近く開いてしまった。関東地方では、夜のテレビ番組としてお荷物となっている巨人戦。もし今年、巨人が2勝以上すると、日本テレビおよび系列局には大きなマイナスに作用しかねない。どんな事情があるのか、分析してみた。

    去年の惨状
    去年の日本シリーズは、ソフトバンクの4連勝で幕を閉じた。ビデオリサーチが計測する関東地区の世帯視聴率は、8.4%・7.3%・9.7%・11.8%。全試合の平均は9.4%と一桁だった。巨人が進出した日本シリーズ史上最悪の記録だった。それでもフジテレビが中継した初戦は、同局前四週平均と比べ2%弱上昇した。TBSの第2戦も、前四週より0.2%上がっていた。両局のレギュラーと比べると、巨人戦はまだ相対的に意味があった。ところが日テレが中継した第3戦は、前四週より1.3%低かった。これでは『火曜サプライズ』などのレギュラーを放送していた方がマシだった。

    いっぽう第4戦は、前四週を1.2%上回った。胸をなで下ろしたいところだが、そうは問屋はおろさなかった。実は65歳以上の男性が第3戦より倍増したお陰で数字が上がっただけで、64歳以下の個人視聴率は概ね下がってしまっていたのである。問題はそれだけではない。巨人戦の低迷で、ライバル局が視聴率を上げていたのである。例えば第3戦では、TBSがその恩恵にあずかった。裏番組となった『この差って何ですか?』『教えてもらう前と後』などが、いずれも前四週平均を上回った。日テレにとって、巨人戦は日本シリーズでもお荷物だったのである。

    1~2戦が日テレという不都合
    ただし去年が惨憺たる結果でも、今年も同じとは限らない。スポーツの試合は、やってみなければわからない。前回4連敗だったからといって、今回も惨敗するとは限らない。だが日テレおよび系列局の中には、「巨人は2勝以上しないで欲しい」と願っている人がいる。ふつう日本シリーズは、4勝3敗の接戦となると視聴率が上がり、テレビ局にとって都合が良い展開となる。ところが「今年も4連敗か4勝1敗かで負けて欲しい」というのである。

    もちろん「4連勝あるいは4勝1敗」でも大丈夫だそうだ。ただし両軍の戦力を冷静に分析すると、それは希望的観測が過ぎる。中途半端にもつれ込むより、とっとと敗退してくれた方が被害は少ないという意見なのだ。何が問題なのか。実は1~2戦と6~7戦が、巨人の主催ゲームというのが不都合なのだ。去年の主催ゲームは3~4戦で平日だった。ところが今年は土日の開催となり、高視聴率番組が日本シリーズにとって代わられてしまう。つまり被害は今年の方が大きくなる可能性がある。

    土日の番組との比較
    例えば1戦が行われる土曜日は、日本シリーズがなければ『ILOVEみんなのどうぶつ園』と『世界一受けたい授業』が放送される。直近の4週平均と比べると、去年のシリーズは世帯でほぼ肩を並べている。ところが個人視聴率では、男性の50歳以上で野球が上回るだけで、他の世代はすべて両番組が上を行く。特に女性の全世代と、男性のT層と1層で大きく落ちるのが痛い。2戦の日曜日は、被害がもっと大きくなる。『ザ!鉄腕!ダッシュ!!』と『世界の果てまでイッテQ!』の前4週の平均視聴率は13%台。日本シリーズがこれに追いつくのは大変だ。しかも去年のシリーズ4戦平均と比べると、個人視聴率ではほぼ全世代で負けており、若年層では3~4倍の開きがある。「スポット広告への影響が甚大になる」と、気を揉む担当者が少なくないのである。

    このように週末は、平日より被害が大きくなる。しかも巨人が2勝すると、28日の土曜日がもう1日奪われる。そして3勝しようものなら、ドル箱の土日夜が2度にわたって消えてしまうのである。もう一つ頭の痛い問題がある。各試合がもつれると、中継は最大110分延長が予定されている。その場合、土曜は『嵐にしやがれ』がつぶれる。日曜は『行列のできる法律相談所』がなくなる。共に『みんなのどうぶつ園』や『世界一受けたい授業』より良い数字を持つ番組で、これらが消えた場合の影響は甚大となる。
    (長文の為以下はリンク先で)

    ヤフーニュース 11/21(土) 19:38
    https://news.yahoo.co.jp/byline/suzukiyuji/20201121-00208983/


    【日本シリーズで巨人が2勝以上してはいけない“事情”〜関東のプロ野球中継は見直しが必要!〜】の続きを読む



    (出典 www.softbankhawks.co.jp)



    1 名無しさんにズームイン! :NG NG BE:427379953-2BP(1000).net

    https://www.ntv.co.jp/baseball/
    11.21SAT
    SMBC日本シリーズ第1戦
    巨人vsソフトバンク
    日テレ18:00?20:54(※最大110分延長・全国ネット)日テレジータス17:45- / GLS 17:45


    【SMBC日本シリーズ2020 第1戦「巨人×SB」★1】の続きを読む

    このページのトップヘ