アジアの鷹

スポーツをまとめています。
野球が多いかもしれません。
野球では、ソフトバンクファンです。

    ソフトバンクが好きです。

    スポーツ全般を載せています。



    (出典 www.football-zone.net)



    1 久太郎 ★ :2019/11/10(日) 23:31:22 ID:JqgFyETp9.net

    ビジャレアル戦で待望のリーガ初ゴール 相手GKに「できることは何もなかった」
     マジョルカの日本代表MF久保建英は現地時間10日、リーガ・エスパニョーラ第13節のビジャレアル戦に2試合連続で先発出場し、後半8分に得意の左足で強烈なミドルシュートを決めた。待望の移籍後初ゴールをスペイン紙「マルカ」も「ミサイル」と称して、歓喜の瞬間を速報した。

     この日の久保はビジャレアルを相手に序盤から積極的なプレーを見せ、前半13分には左サイドを突破し鋭いフェイントでペナルティーエリアに侵入すると、相手選手に倒されてPKを獲得。さらに同22分には右サイドでの華麗なヒールパスから2本目のPK奪取を演出し、マジョルカは2点のリードをもって前半を折り返した。

     後半4分に1点を返されるも、2-1で迎えた同8分、待望の瞬間が訪れる。ペナルティーエリア手前でボールを受けた久保が鋭いボディフェイントでシュートコースを生み出すと、そのまま左足を一閃。ゴール右隅に強烈な一撃を突き刺した。FW大久保嘉人、MF家長昭博に続き、マジョルカでゴールを記録した史上3人目の日本人選手となった。

     スペイン紙「マルカ」電子版の試合速報では、移籍後初ゴールを含む3得点に絡んだ久保が称賛されている。

    「素晴らしいゴール。(ビデオゲームの)FIFAではない。この日本人にとってマジョルカのユニフォームで初ゴールだ。タケ・クボにとってなんて素晴らしい試合だ! なんというミサイルだ! 彼はエリアの外からシュートを決めた。(ビジャレアルGK)アセンホにできることは何もなかった」

     マジョルカは久保の活躍もあって3-1でビジャレアルを下し、4試合ぶりの白星。久保の鮮やかな一撃が勝利に花を添えた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191110-00228297-soccermzw-socc


    【【サッカー】「なんというミサイルだ!」久保建英の“弾丸ミドル”をスペイン紙絶賛「素晴らしい」】の続きを読む



    (出典 upload.wikimedia.org)



    1 牛丼 ★ :2019/11/08(金) 20:08:12.94 ID:LmOrK58C9.net

     東日本大震災で被災したいわき市を本拠とするアマチュアのサッカークラブ「いわきFC」が今季、トップのJ1から数えて5部に当たる東北社会人リーグ1部を無敗で勝ち抜いた。10月の台風19号でも大きな被害が出た同市。被災者の期待や思いを背負うチームは、日本フットボールリーグ(JFL)昇格を懸け、8日開幕の全国地域チャンピオンズリーグ(CL)に挑む。

     台風では市内を流れる夏井川が氾濫し、浸水被害が相次いだ。大会を控えた貴重な調整期間だったが、選手やスタッフは被災住宅の片付けや、避難所での物資配布といったボランティア活動に汗を流した。田村雄三監督は「自分たちがやれることをしなければいけないと思った。大会を通じて、市民に元気や勇気を届けたい」と意気込む。

     チームの成長を支えるのは、平成28年のシーズンから運営に携わる人気スポーツブランド「アンダーアーマー」の日本総代理店「ドーム」の豊富な支援だ。選手は同社の物流センターで働きながら、敷地内の専用グラウンドで練習。充実した機器がそろうジムでは筋トレに励む。

     チームの特徴は、最後まで走り切り、肉弾戦にも屈しない戦いぶり。かつて炭鉱で栄え、剛毅さを尊ぶいわきの気風にも合致し「復興の象徴」として認知度が向上した。目標はJリーグ入りだ。

     CLには、9地域から強豪全12チームが出場。2位までに入れば昇格できる。決勝ラウンドの会場がJヴィレッジ(楢葉町、広野町)で「地の利」が見込めるのは好材料だ。いわき市の自営業、野田昇さん(57)は「チームの夢とともに、被災地も盛り上がっていきたい」と望みを託す。

    https://www.sankei.com/smp/region/news/191108/rgn1911080030-s1.html


    【【サッカー】いわきFC、目指せJFL 震災と台風…被災地の期待背負い挑戦 きょう「全国CL」開幕】の続きを読む



    (出典 hochi.news)



    1 Egg ★ :2019/11/10(日) 17:38:08 ID:GoRaumNG9.net

     「MS&ADカップ2019」が10日に行われ、なでしこジャパン(日本女子代表)は南アフリカ女子代表と対戦。主将の熊谷紗希が先制ゴールを挙げるなど、2ー0で勝利を収めた。

     試合後、高倉麻子監督は「選手は前向きに取り組み、自分たちのペースで進める時間はありましたが、個の強さ、一瞬の速さで、球際で自分たちのものにならず、テンポを掴み切れず、スッキリしない試合になったかなと思います」と振り返った。

     今後の修正点については、「全体的な強度を上げ、コンビネーションの面は崩しで思い切ったシュートが少ないので、ゴールを目指すというところはもっと修正できるかなと思います」とコメントした。

     110試合目にして代表初ゴールを記録した熊谷は「何より嬉しかったですけど、やっと入ったな、という方が大きいです」と率直な感想を口にした。

     一方で、岩渕真奈は「自分のパスミスもありましたし、ボールの悪い失い方があってカウンターを受ける場面もあったので、そこは全員で意識していきたいです」と反省の弁を述べた。

    11/10(日) 16:33配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-00996916-soccerk-socc

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【サッカー】<日本が史上初の大会3連覇!>U-19女子アジア選手権決勝、北朝鮮を2-1で破りアジアチャンピオンに
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1573336520/


    【【サッカー】南アフリカに2発完封勝利も…高倉監督「スッキリしない試合」】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/11(月) 02:35:51.17 ID:+EehpVlH9.net

    【アルメリア 1-1 サラゴサ セグンダ・ディビシオン第15節】

    セグンダ・ディビシオン第15節、アルメリア対サラゴサが現地時間10日に行われた。試合は1-1のドローに終わった。

    前説を欠場したサラゴサに所属するMF香川真司は、トップ下で先発復帰。ゴールに向かう積極的な姿勢を見せた。

    先制したのはアルメリア。45分、ペナルティエリア手前の右でFKを得ると、ヌニェスが合わせゴールに突き刺した。

    1点の欲しいサラゴサは香川がチャンスを作る。52分、味方のロングボールに反応した香川が、ディフェンスラインの裏に抜け出しフリーに。
    Kよりも先に触り、GKの後方にボールが流れ香川もボールを追うが、間に合わず。相手にクリアされた。

    するとサラゴサが同点に追いつく。65分、グティの浮き球のパスに抜け出したリナレスがGKとの1対1を制し、ゴールネットを揺らした。
    香川は87分にサンチェスとの交代を命じられた。

    試合はこのまま終了し、1-1のドローに終わった。サラゴサは連勝を逃してしまった。

    【得点者】
    45分 1-0 ヌニェス(アルメリア)
    65分 1-1 リナレス(サラゴサ)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191111-00347033-footballc-socc
    11/11(月) 1:50配信


    【【サッカー】香川真司、先発復帰で好機作るもノーゴール。サラゴサは1-1ドローで連勝ならず】の続きを読む



    (出典 www.sankei.com)



    1 牛丼 ★ :2019/11/10(日) 14:48:10.13 ID:ABkegFiS9.net

    佐々木朗希より13歳年上のステファン・ストラスバーグ。現在、身長で6センチ、体重は20キロ上回る。

     岩手県大会の決勝戦を登板回避して佐々木朗希の夏が終わったときに私が思ったのが、「佐々木はステファン・ストラスバーグ(現ワシントン・ナショナルズ)に似ている」というものだった。この2人には、少なくとも3つの共通点がある。

     まず最初が、ともにアマチュア時代に「史上最高では?」の声があがったことだ。

     佐々木は高校3年の春に163キロという高校野球史上最高球速を記録して、それを目の当たりにしたプロのスカウトから「日本野球史上最高の投手になるかもしれない」との声が上がった。

     一方のステファン・ストラスバーグは、サンディエゴ州立大学でアマチュア最終年を迎えるが、この年の成績はとんでもないものだった。最高球速は166キロを計測。109回を投げて13勝1敗、防御率1.32。何より凄まじいのは奪三振数で、なんと計195個。1試合当たりの奪三振率16.10を記録したのである。

     この奪三振率がいかに驚異的か。これに匹敵するのは、日本高校野球史に燦然と輝く1973年春の選抜の江川卓の投球=33回で60奪三振(選抜記録)、奪三振率16.36と、1試合22奪三振の大会記録を作った2012年夏の松井裕樹の投球=36回で68奪三振、奪三振率17.0くらいしかない。

     ストラスバーグは、江川と松井が一大会で成し遂げた歴史的な奪三振ショーを、よりレベルの高い大学野球で1年にわたって演じ続けたのである。

    50年、60年に1人の逸材。

     2009年のMLBのドラフトで、ストラスバーグは「MLB45年のドラフト史上最高の投手」、「既にMLBのスーパーエース級の力がある」と賞され、この年のドラフトは全米でかつてないほどの大きな注目を集めた。

     そのドラフトで全体1位でワシントン・ナショナルズに指名されたのだが、それから現在に至るまでMLBのドラフトでこれほど騒がれた投手は出ていないのだから、まさに50年、60年に1人の逸材と言えるだろう。
    続きます
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191110-00841359-number-base


    【【野球】ワールドシリーズMVPストラスバーグと佐々木朗希に、驚くほどの共通点が】の続きを読む

    このページのトップヘ