アジアの鷹

スポーツをまとめています。
野球が多いかもしれません。
野球では、ソフトバンクファンです。

    ソフトバンクが大好きです。
    他の球団も載せますよ~
    他のスポーツ全般を載せています。

    2021年02月


    聖火ランナー、相次ぐ「辞退」に波紋 



    2021年2月下旬になって、東京五輪の聖火リレー辞退が相次いでいる。森喜朗組織委前会長の辞任劇・島根県の県内聖火リレー中止検討に続いてのランナー辞退の動きは、先行きの不透明感を強めている。

    次々と明らかになった「辞退」

    2月、芸能界で聖火ランナー辞退の口火を切ったのは、ロンドンブーツ1号2号田村淳さん。森会長(当時)の「オリンピックコロナがどんな形であっても開催する」という発言などを「理解不能」とコメントして、愛知県での聖火リレーについて3日に辞退を公表した。

    そして26日には、芸能界から辞退のニュースが相次いだ。歌手の五木ひろしさんは出身地の福井県でランナーを務めることになっていたが、スケジュールの都合で辞退することになった。

    福井県の隣県石川県では、常盤貴子さんが辞退していたことが石川県議会での答弁で明らかになり、福島県リレーに参加予定だった俳優の斎藤工さんもスケジュールが流動的になったことを理由に辞退していたことが報じられる。沖縄県での聖火リレーでも女優の玉城ティナさんが、出身地の浦添市を走る予定だったリレー参加について所属事務所が辞退の申し入れを行っていたことが26日に明らかになった。

    こうした状況に、政界からも反応が。前東京都知事の舛添要一氏は、26日に「芸能人などの著名人が走ると人寄せパンダとなって、密集状態となる。本当に聖火リレーを成功させるには、有名人の参加はすべて取りやめにするというのも一つの手だ」とツイート

    さらに日本共産党志位和夫委員長ツイッターで27日、「政府は、次々と聖火ランナー辞退が広がるのはなぜか、よく考えるべきだ。コロナ収束の見通しも、ワクチン接種の見通しも定かでない。医療機関の疲弊と逼迫も続く。こんな状況では、今夏の五輪は無理。国民の多数はそう考えている」と投稿した。

    理由は「スケジュールの都合」

    もっとも田村さんを除けば、いずれも辞退理由は「スケジュールの都合」である。2021年の聖火リレー3月25日福島県からスタートし、7月23日までかけて47都道府県を巡る予定だった。福島県3月25日から27日、福井県5月29日と30日、石川県5月31日6月1日沖縄県では5月1日から2日にリレーが予定されていた。

    このほか、愛知県を走る予定だった将棋の藤井聡太二冠も、スケジュールの問題を理由に2020年10月に辞退の申し入れを行っていたことが2021年2月11日明らかになっている。

    画像はイメージ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【聖火ランナー、相次ぐ「辞退」に波紋 】の続きを読む


    びわ湖毎日マラソン


    宇和島出身の鈴木健吾がマラソン日本新【愛媛】

    …28日開かれた、びわ湖毎日マラソンで、宇和島市出身の鈴木健吾が、2時間4分56秒の日本新記録を樹立し優勝した。 大阪マラソンと統合されるため最後の開…
    (出典:南海放送)



    【びわ湖毎日マラソン】の続きを読む



    (出典 pm-img.skyperfectv.co.jp)



    1 名無しさん :2021/02/28(日) 15:21:16.23

    前スレ
    【闘球】ラグビー総合実況スレ2.27~
    https://mao.5ch.net/test/read.cgi/dome/1614401295/


    【ラグビー総合実況スレ2.28~】の続きを読む



    (出典 maruhon38.net)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/02/27(土) 23:47:40.22

    26日放送『ザワつく! 金曜日 ~一茂良純ちさ子の会~』(テレビ朝日系)にプロ野球・元読売ジャイアンツ(巨人)の槙原寛己投手が登場。桑田真澄氏の投手チーフコーチ補佐就任を受け、長嶋一茂が「槙原氏がコーチになれない理由」を解説した。


    ?先発3本柱
    斎藤雅樹氏、桑田氏と並ぶ、1990年代の巨人軍・先発3本柱の1人で、史上15人目の完全試合を達成した、巨人軍を代表する大投手・槙原氏。

    この日は、原辰徳監督から要請で投手チーフコーチ補佐に就任した桑田氏について一茂と触れていく。


    関連記事:長嶋一茂、選手時代の思い出を明* 野球留学中によく食べたのは…

    ?一茂にもオファーなし
    以前、同番組に原監督がVTR出演し、「コーチの才能がある」「招くさいには助監督クラスの要職を用意する」と一茂のコーチ就任を匂わせる発言をしていたが、結果的に一茂に声はかからなかった。

    槙原氏は「桑田とかは大学に入って野球の勉強をしている。勉強をしているイコール野球指導者への気持ちのあらわれ」と解説。

    対して「(一茂の場合は)単純にテレビ業界が楽しそう。一茂くんは気持ちがハワイに行っている」と野球の勉強がおろそかに見えたため、声がかからなかったのではと推測した。

    そのうえで、槙原氏は「朝の番組とか観てると良いことを言う。監督と同じで(コーチ姿を)見てみたい」と一茂のコーチ就任が楽しみだと本音を漏らす。

    ?一茂の疑問
    一茂は「桑田くんが入ったときビックリしたけど、良かったと思った」と吐露。しかし、桑田氏と負けず劣らず巨人軍に貢献してきた槙原氏には「なぜかオファーがかかってない」と疑問を口にする。

    これに「来ないんですよね」と悲しそうな表情を浮かべた槙原氏。ここから一茂が「声がかからない理由は何となくわかる」と言及していく。


    ?槙原氏はコーチになりたい?
    「実力・実績も間違いなのに声がかからない。やっぱりどっかでふざけてるんですよね」と野球に真剣に向き合わず、常にふざけた態度をとっている点がコーチに選ばれない要素だと一茂は熱弁。

    槙原氏も「そう見られがちですよ」と納得しつつ、「タイミングみたいなのを含めて。巨人以外でもどこでもいい」とコーチ就任に前向きな姿勢をのぞかせた。

    このやり取りに視聴者も反応。「まあ槙原氏はコーチに向かないわな」「槙原さんは良いコーチになりそう」「コーチのオファーが掛からない一茂と槙原」と多くの感想が寄せられている。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12189-20162520565/
    2021年02月27日 07時15分 しらべぇ

    https://npb.jp/bis/players/31433867.html
    成績


    【長嶋一茂、槙原寛己が巨人軍コーチになれない理由解説】の続きを読む



    (出典 full-count.jp)



    1 ニーニーφ ★ :2021/02/27(土) 19:58:02.24

     楽天の涌井秀章投手(34)が3月26日の日本ハムとのシーズン開幕戦(楽天生命パーク)で開幕投手を務めることが27日、決まった。
    涌井は球団を通じ「石井監督から『開幕よろしく!』と言われました。開幕投手は3年ぶりですけど、いつもどおり投げるだけです」とコメント。
    さらに、石井一久監督にとっては初の公式戦となるだけに「石井監督の最初の試合なので、石井監督にウイニングボールを渡せるように頑張ります」と話した。

     石井監督は「開幕は涌井投手でいくことに決めました」と明かし「昨年も勝ってくれましたし、チームに一番貢献してくれた投手なので先陣を切ってもらう」と説明。
    8年ぶりに楽天に復帰した田中将大投手(32)は3月27日の第2戦に先発が決まった。

     涌井にとっては3年ぶりで10度目の大役となる。過去の9試合は5勝3敗(1試合は勝敗なし)となっている。
    3球団での開幕投手は内藤幸三(金鯱36年秋、朝日42、44年、広島50年)、渡辺秀武(巨人71年、日本ハム74年、大洋77年)に次ぎ3人目だが、パのみ3球団は史上初となる。
    さらに、開幕投手10度となれば、金田正一(国鉄、巨)、鈴木啓示(近鉄)14度、村田兆治(ロ)13度、山田久志(阪急)12度に次ぎ、東尾修(西)と並ぶ歴代5位となる。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2ceba020ebbe76cc01087571d55aa543da8d2949
    2/27(土) 19:45 スポニチアネックス


    【楽天の開幕投手は涌井秀章に決定】の続きを読む

    このページのトップヘ