アジアの鷹

スポーツをまとめています。
野球が多いかもしれません。
野球では、ソフトバンクファンです。

    ソフトバンクが大好きです。
    他の球団も載せますよ~
    他のスポーツ全般を載せています。

    2021年04月



    (出典 www.nikkansports.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/04/25(日) 06:58:41.93

    0 2/3回 1安打4四球 2失点 10.80

     ◇パ・リーグ ソフトバンク9―11ロッテ(2021年4月24日 ZOZOマリン)

     ソフトバンクのスチュワートが制球難に泣いた。6―5の5回から登板。先頭の安田に不運なヒットを喫した1死二塁から連続四球で満塁に。2死後、代打・菅野はこの日最速154キロ直球で空振り三振も高部、荻野に連続押し出し四球を与え降板した。

     それでも工藤監督は「逃げた投球ではなく勝負にいっての押し出しだから、内容的には悲観することはない」と2018年全米ドラフト1巡目右腕を評していた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/445147fcc69dc32f93a3f509c819b1485db568ce
    4/25(日) 5:30配信


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【ソフトB・スチュワート、制球難で自滅】の続きを読む

    • カテゴリ:


    (出典 www.nikkansports.com)



    1 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2021/04/27(火) 12:21:38.36 ● BE:933662325-2BP(2000).net


     「レンジャーズ4-9エンゼルス」(26日、アーリントン)

     エンゼルスの大谷翔平投手(26)が「2番・投手」で出場し、5回3安打4失点でメジャー1年目の18年5月20日のレイズ戦以来、1072日ぶりに白星を手にした。75球を投げて与四死球3、奪三振9。最速は159・8キロだった。打っては二回の同点劇を演出する2点適時打を含む3打数2安打2打点、3得点。7度目のマルチ安打で打率・300とした。

     メジャー移籍後初となる中5日のマウンド。4日のホワイトソックス戦以来、自身2度目の投打同時出場を果たした試合は波乱の幕開けとなった。

     一回表の攻撃で四球を選び、5番ウォルシュの適時打で先制ホームを踏んだ大谷。秒速8・9メートルのスピードで生還した背番号17を中継局の実況アナは信じられないと言わんばかりに笑いながら「マウンドに上がる前に最初の得点を記録しました」と伝えた。

     自らの足で1点を先制した直後のマウンド。大谷は先頭を三塁内野安打で出すと、1死から3番ギャロに四球を与えて1死一、二塁。4番ローにはワンボールからカット気味のスプリットを右中間席へ3点本塁打を許す。18年9月2日のアストロズ戦以来、約3年ぶりの被弾で逆転されると、四球、死球、暴投でさらに窮地に陥り、犠飛で4点目を失った。

     しかし、ここから大谷が意地を見せる。二回の打席。2死一、二塁の好機に高めの150キロ直球を右翼線へ適時二塁打。打球速度186キロの弾丸ライナーで2走者をホームへ迎え入れて1点差に迫り、左肘に死球を受け、3試合を欠場した主砲トラウトの適時打で同点のホームイン。

     その裏の投球で3人を7球で料理。エンゼルスは三回にアップトンとプホルスのベテランコンビの連続弾で勝ち越しに成功した。

     3点リードの三回のマウンドは2三振を含む三者凡退。四回は3者連続三振。五回の先頭と合わせて圧巻の5者連続三振斬りを披露した。五回は2死から中前打を許したが、最後はスプリットで見逃し三振。マウンド上で右こぶしを握って雄叫びを上げた。

     打って、投げて、走っての“ショウタイム”はここで終わらない。六回の第4打席は先頭で意表を突くバント安打。内野陣が右へ寄るシフトの裏をかき、メジャー初登板の韓国人左腕ヤンの初球を三塁線へ小フライで落とし、シーズン7度目のマルチ安打を記録した。後続の適時二塁打でこの日3度目のホームを踏むと、ベンチに戻った大谷の元にマドン監督が近寄り、ねぎらいの言葉とともにがっちり握手。勝利のバトンをブルペン陣に託した。

     右肘と左膝の手術を乗り越えた復活の1勝。大谷は前日の試合でメジャー最多に並ぶ7号を放っており、ホームラン数トップの選手が先発のマウンドに立つのは1921年6月13日のベーブ・ルース以来、メジャー100年ぶりの出来事となった。当時メジャー最多の19本塁打だったルースはタイガース戦に「3番・投手」で出場し、タイ・カッブらを相手に5回4失点で勝ち投手になっており、大谷もルースに肩を並べるメジャー100年ぶりの勝利投手となった。

     中継局によると、先発投手が2安打3得点、9奪三振を記録したのは1967年以来、54年ぶり、史上6人目だという。記録ずくめの試合となった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3f7921d517a6f531660b08f6e7149f0c1adaf573


    【【祝】大谷翔平、5回4失点9脱三振 2安打2打点の二刀流で3年ぶり勝ち星】の続きを読む

    • カテゴリ:

    【速報】大谷翔平、2度目の投打同時出場 



    このニュースは、1行(タイトルのみ配信)速報です。

    ソース共同通信社
    https://this.kiji.is/759537922694381568?c=59182594473885705



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【速報】大谷翔平、2度目の投打同時出場】の続きを読む



    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)



    1 風吹けば名無し :2021/04/26(月) 11:04:51.66 ID:mbSXWGbIF.net

    【あの人は今こうしている】  一場靖弘さん(元楽天・ヤクルト投手/38歳)  大学野球では戦後の最多奪三振を記録したり、完全試合を達成したりするなど、“10年に1人の逸材”ともてはやされた。だがドラフト会議前に裏金問題が発覚。本命の巨人入団は白紙となり、楽天へ。そして移籍したヤクルトでも才能は開花せず、12年のシーズンでピリオドを打った。それから9年、一場さんを千葉県松戸市に訪ねた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d5965b995aa293e397d68b7d87702477c057c837


    【元楽天・ヤクルト投手の一場靖弘さん 裏金問題、自己破産を経て野球人生の第3章に】の続きを読む



    (出典 www.dailyshincho.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/04/27(火) 07:34:54.97 ID:CAP_USER9.net

    もうすぐ通算2000試合を迎える巨人・阪神戦。関係者に思い出を聞く「甦(よみがえ)る伝統の一戦」第3弾は、米国滞在中のランディ・バース氏(67)が取材に応じ、54発で王貞治のプロ野球記録に王手をかけた85年を振り返った。

     大記録に王手をかけ、高揚感に浸っていたバースに、思いも寄らない言葉が降りかかってきた。「今日でシーズンは終わりだな」「よく頑張ったけど、残念だったな」。1985年10月20日の中日戦の試合後。ナゴヤ球場のロッカー裏でチームメートに次々と声をかけられ、さみしさとむなしさが胸の中に渦巻いた。

     21年ぶりのリーグ制覇が決まり、個人記録に照準を絞っていた1985年のシーズン終盤。バースはこの日、ドラゴンズのエース・小松から54号2ランを放ち、巨人・王貞治の持つシーズン55本塁打の日本記録(当時)にあと1本と迫った。残すは22日(甲子園)、24日(後楽園)の伝統の一戦の2試合。だが、周囲は王が率いる巨人軍が勝負を避けるとみていた。

     「最初は意味が分からなかったけど、みんなからそいうふうに言われてガッカリしたのを覚えているよ」。諦め気分で臨んだ22日の初回2*第1打席。1、2球目がボール球となり、ブーイングが起こる中、相手先発の江川卓は3球目に内角へのストライクを投げ込んできた。続く外角直球を左前安打。魂を込めて腕を振るエースの男気に心が晴れた。

     3回の第2打席はフルカウントから四球。5回の第3打席は初球の真っすぐを狙ったが、三邪飛に終わった。「江川はいつも勝負に来てくれたし、本当に尊敬している」。投手が橋本に代わった6回はストレートの四球。24日も5打席で4四球と勝負を避けられ、全日程が終わった。試合後、3冠王獲得を記念してチームメートに胴上げされながら、バースは江川へのリスペクトの思いを強くしていた。

     翌86年の6月26日、バースは王の持つ7試合連続アーチの日本記録に王手をかけて巨人戦(後楽園)を迎えた。再び立ち向かってきたのは江川だった。4打席目まで一発は出ずに迎えた8回の第5打席。初球の内角ストレートを一閃(いっせん)すると、大飛球は右翼場外に消えた。

     「グレイト! 彼はアウトを取るために真っ向から勝負してくれた。昨年、55本塁打がかかった時も彼は私から逃げなかったじゃないか」。試合後、バースは自身が描いた鮮やかな放物線を振り返るよりも、真っ先に江川をたたえた。意地とプライドをかけた名勝負の裏側には、ライバル関係を超えた見えない絆が存在した。

     ◆ランディ・バース 1954年3月13日、米オクラホマ州生まれ。67歳。オクラホマ大からツインズ入りし、77年にメジャー昇格。MLB通算130試合で打率2割1分2厘、9本塁打、42打点。阪神に83年に入団し、88年退団。現役引退後はオクラホマ州の上院議員を務めていたが、19年1月で任期満了。右投左打。現役時代は184センチ、95キロ。


    (出典 i.imgur.com)


    4/27(火) 6:00
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6f94b5777f217a89d471cc13f3507b4778bce377/images/000


    (出典 i.imgur.com)


    【【野球】阪神 55発かかっても勝負してくれた江川卓に感激…】の続きを読む

    このページのトップヘ