アジアの鷹

スポーツ全般の出来事をまとめています。
野球が多いかもしれませんが、ご了承下さい。野球では、ソフトバンクファンです。

    野球がメインです。ソフトバンクが好きです。
    スポーツ全般を載せています。

    カテゴリ: MLB

    • カテゴリ:


    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/24(月) 10:12:42 ID:HNjsOyya9.net

    四球で出塁し、代走を送られ交代した

    ■レイズ ? ヤンキース(オープン戦・日本時間24日・シャーロット)

    DeNAからレイズへ移籍した筒香嘉智外野手が23日(日本時間24日)、本拠地でのヤンキースとのオープン戦に「5番・左翼」でスタメン出場。
    メジャー初実戦となる初打席で快音を放った筒香は、続く第2打席は四球で出塁した。

    【動画】筒香嘉智が遂に“メジャー・デビュー”! 初打席に放った投手強襲の鮮やか中前打の実際の瞬間
    https://full-count.jp/2020/02/24/post698778/2/?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=698790_6

    2点リードの4回、先頭打者で打席に立った筒香は、8球目粘り、四球を選んだ
    2回の第1打席では、“メジャー初スイング”で投手強襲の中前打を放っていた。“メジャー初安打”に続き、“メジャー初四球”をマークした。

    塁に出た筒香は、代走にコーゼンズを送られ交代。待望の“メジャーデビュー”を出塁率10割で終えた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200224-00698790-fullcount-base
    2/24(月) 4:38配信


    (出典 www.nikkansports.com)


    (出典 www.nikkansports.com)


    (出典 www.nikkansports.com)



    (出典 Youtube)

    【レイズ 筒香嘉智】日本時間2020年2月24日 vsヤンキース戦_Yoshitomo Tsutsugo_Rays vs Yankees_2/23/2020


    【【MLB】筒香嘉智、「5番・左翼」スタメンで1安打1四球と存在感 オープン戦】の続きを読む

    • カテゴリ:


    (出典 portal.st-img.jp)



    1 Egg ★ :2020/02/24(月) 07:40:41 ID:mrBp3VdR9.net

    ベイカー監督「行く先々で同じような迎えられ方をするだろう…」
     
    メジャーリーグは本格的にオープン戦がスタート。サイン盗み問題で批判の的になっているアストロズは22日(日本時間23日)にナショナルズと対戦したが、雨天ノーゲームとなった。
    試合はアストロズを批判するボードが没収されるなど“厳戒態勢”の中で実施。ホセ・アルトゥーベ内野手ら主力に『詐欺師どもが!』と野次が飛ぶなど、アストロズの選手は大ブーイングを受けた。AP通信が伝えている。

    APは「オープン戦開幕戦で、アストロズをからかっていたファンはサインを盗まれた」との見出しで詳報。観客席でアストロズを批判したボードを掲げていたファンがそのボードを没収されたことに言及した上で、
    こう伝えている。「ワールドシリーズの再戦となったこの試合でナショナルズは心温まる声援を受けた。一方で、マスコットのオービットを含めたアストロズのユニホームを着た人は全員ブーイングを受けた」。

    ナショナルズのファンというマシュー・シリマンさんは記事内で「僕はナショナルズの大ファンだよ。彼ら(アストロズ)は詐欺師だ」と述べている。
    記事によると、場内アナウンスで「アストロズ」と流れる度に観客席から大きなブーイングが起きた。そして、アストロズのダグアウトの裏にいたファンは、
    アルトゥーベやカルロス・コレア内野手、ランス・マッカラーズJr.投手らが試合前にダグアウトの段差付近に立っている時、を飛ばしていた。
    また、アストロズが打者にサインを伝達していたとされるゴミ箱叩きを真似しようと、席を叩くファンも数人いたという。

    さらに、ナショナルズのユニフォームを着たあるファンは『おい、アルトゥーベ。今夜プレーするのが恐いのか』と叫んだ。『お前はろくでもないぞ!』、『詐欺師どもが!』と叫ぶ者もいたという。 
    まさに四面楚歌。騒然とした雰囲気での試合にダスティ・ベイカー監督はこう語っている。

    「恐らく、行く先々で同じような迎えられた方をされるだろう。特に(対戦チームとの)最初のシリーズではね。大人の対応をするしかない。
    そして、野球に集中して、辛いことにも必ず終わりがあるということが分かるだろう」

    この試合に先発したナショナルズのマックス・シャーザー投手は「世界一になったのは僕たちだから確執があったわけじゃないからね。
    僕にとってみれば前に進んでシーズンの準備をするだけさ」と語り、こう続けている。「ベストな布陣と対戦したい。彼らは素晴らしい打線だけど、まだ春の早い段階で彼らと対戦しないことは分かっている」。

    行く先々で批判の“集中砲火”を浴びそうなアストロズ。ベイカー監督の言うように「野球に集中して」戦うことができるだろうか?(Full-Count編集部=AP)

    2020年2月23日 20時40分 フルカウント
    https://news.livedoor.com/article/detail/17862525/

    写真

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【監督「行く先々で同じような迎えられ方をするだろう…」】の続きを読む

    • カテゴリ:


    (出典 img.sportsbull.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/24(月) 09:17:31 ID:HNjsOyya9.net

    右肘のリハビリを終え、今季から二刀流復活が期待されるエンゼルスの大谷翔平(25)がムキムキの肉体でスプリングトレーニングに登場していることがファンの間で話題になっているが、
    球界の大御所、張本勲氏がTBS系列の「サンデーモーニング」内で、「あんな体を作っちゃダメ。プロレスじゃないんだから。ケガする」と発言。
    ウエートトレに批判的立場だったイチローの例も出てきて、その肉体改造を巡ってネット上でも賛否両論が巻き起こっている。

    張本勲氏の問題の発言は、大谷がノースリーブのシャツを着て、まるでポパイのようにムキムキになった肩、腕の筋肉を披露した映像を見たところで生まれた。
    「あんな体を作ってはダメ。プロレスじゃないんだから。野球に必要な体だけでいいんですよ」

    さらに張本氏は、「ケガしますよ。体の大きい人は膝に負担がかかるから。まして人工芝。ケガが非常に多くなる。やってもそれ以上に走ればいいですよ。逆だもん。
    上半身ばっかり鍛えてもダメ」と、マッチョ化を断罪した理由を説明していた。

    ファンからの“ヤフコメ”での意見を見ていると、「すべて本人次第」「選手それぞれによって違う」「勝手な思い込みで決め付けてしまわない様に」
    「張さんの主張は大谷選手も十分分かってるだろう。
    今年は、この体づくりでチャレンジするって決めたのだから、その大谷選手を応援してあげましょう」
    といった批判的な声だけでなく「これだけは張本の言うことが正しいと思う」「ピッチャーでこの体では無理」という賛同の意見もあった。

    では、大谷の方向性は本当に間違っているのだろうか。

    スポーツ・ニュートリションの第一人者で、フィジカルトレーナーとしてもプロレスラーの武藤敬司の指導から、
    今春キャンプでは阪神タイガースの特別講師も務めた「桑原塾」主宰者の桑原弘樹さんは、こんな指摘をした。

    「大谷選手の実際の体もトレーニングも見ていないので詳しいコメントはできませんが、映像で見る限り、あれくらいでマッチョというのかなという疑問が浮かびます。
    偶然ですが、数年前に大阪のゴールドジムで日ハム時代の大谷選手がトレーニングをしている風景を見かけたことがあります。
    体は大きいが、まだ肉体的にはノビシロがあるなという印象を受けました。
    段階的にトレーニングをされているようですが、映像だけで正確な判断はできませんが、ようやく体が出来上がってきたなあという感想を抱きました。
    誤解を恐れずに言うと、三頭筋がムキっと出ただけで、マッチョだ、筋肉マンだと大騒ぎするほどではありません」

    専門家から見ると無謀な肉体改造には見えなかったようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200224-00010002-wordleafs-base
    2/24(月) 7:12配信


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【野球】大谷翔平の”キン肉マン化”は本当に間違っているのか?】の続きを読む

    • カテゴリ:


    (出典 baseballking.jp)



    1 風吹けば名無し :2020/02/19(水) 21:04:03.47 ID:gCkt9MWW0.net

    2017年にマーリンズを買収し、最高経営責任者(CEO)に就いた元ヤンキースのデレク・ジーター氏のように、MLBはしばしば莫大な財をなすスターを輩出する。

    米デジタルラジオ局の「ラジオ.com」は2020年現在、最もリッチなMLBプレーヤートップ10を純資産順にランク付けした。その3位にはイチロー氏がランクインしている。


    【イチロー氏の純資産はMLB3位の約198億円!】の続きを読む

    • カテゴリ:


    (出典 rpr.c.yimg.jp)



    1 1号 ★ :2020/02/13(Thu) 10:17:44 ID:WhiSI9bW9.net

     【タンパ(米フロリダ州)共同】米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手(31)がキャンプイン前日の12日、フロリダ州タンパで取材に応じ、プロ野球楽天時代の監督で11日に死去した野村克也さんに「僕にとって、このプロ野球の世界に入ったときの最初の監督。本当に一からいろいろなものを教えていただいた」と感謝の念を口にした。

     野村さんの息子で楽天の野村克則作戦コーチから訃報を受けたときは「言葉にならなかった」と言う。テレビ収録の際にあいさつした2017年以来の再会はかなわず「まさか、それが最後になるとは思わなかった」と無念そうに振り返った。


    2/13(木) 8:52配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200213-00000025-kyodonews-base


    【「一から教えてもらった」 田中将大投手、野村克也監督に感謝】の続きを読む

    このページのトップヘ