アジアの鷹

スポーツをまとめています。
野球が多いかもしれません。
野球では、ソフトバンクファンです。

    ソフトバンクが大好きです。
    他の球団も載せますよ~
    他のスポーツ全般を載せています。

    カテゴリ: 巨人



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 ひかり ★ :2022/06/12(日) 12:51:55.25
     巨人の長嶋茂雄終身名誉監督(86)が12日、川崎市のジャイアンツ球場を電撃訪問し、2軍調整中の中田翔内野手(33)に熱血指導を行った。ミスターは昨年9月13日にも同球場で、日本ハムから電撃トレード移籍後の中田に打撃指導を行っている。

     長嶋氏はジャイアンツ球場の室内練習場で中田のフリー打撃を見守り、身ぶり手ぶりでレクチャーを行った。

     中田は6月6日に今季2度目の出場選手登録抹消となった。今季は1軍で41試合に出場し打率・215、5本塁打だった。

    デイリー

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f6aed6a6d632f739bcc60be12565b043d10c3dfc

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)

    【【野球】ジャイアンツ球場電撃訪問で中田に熱血指導】の続きを読む



    (出典 president.ismcdn.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2022/05/03(火) 11:12:38.29 ID:CAP_USER9.net

    5/3(火) 5:00配信 デイリースポーツ 
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c8317ba3d7ec3fb12e00804477f7e55395e55e22

     巨人・原辰徳監督が2日、2軍調整中の中田翔内野手について言及し、当面は2軍での調整が続くことを明かした。

     4月22日に出場選手登録を抹消された中田は、ここにきて2軍で調子を上げている。4月30日のイースタン・日本ハム戦では初回に先制の2号2ランを放った。降雨ノーゲームとなった29日の試合では“幻の2打席連発”をかっ飛ばしていた。同28日のロッテ戦でも1号3ランを放った。

     調子が上がってきたことについて原監督は「いいこと。何かきっかけをつかむとね」と奮起を促すように語った。最短で5月2日に出場選手登録が可能だったが、今後も2軍で打席に立たせる方針だ。「やっぱり速い球だからね。速い球があって、変化球があるピッチャーというのに課題があるよね」。課題を克服しての復活を待つ構えだ。

     中田は今季、1軍では23試合の出場で打率・188、2本塁打と不振に*いた。


    【【野球】巨人・中田翔は当面2軍です】の続きを読む



    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/27(水) 05:49:07.41

    4/27(水) 5:15配信
    東スポWeb

    二軍調整中の巨人・中田翔(東スポWeb)

     眠れる魂を呼び起こせるか。巨人は26日のDeNA戦(横浜)に4―6で逆転負けを喫し、2連敗。苦しむチームを横目に現在、二軍調整中なのが中田翔内野手(33)だ。オープン戦では絶好調だった男も、開幕以降は打率1割8分8厘、2本塁打、8打点と低空飛行が続き、22日には再調整のため登録を抹消された。そんな中田に、古巣・日本ハムからは意外な助言が出されていた。


     チームは連日の惜敗となった。初回に岡本和の7号2ランで先制するも、2―0で迎えた5回に先発・戸郷が一挙5点を失う大誤算。6回にはウォーカーの3打席連続安打となる適時打などで1点差にまで詰め寄ったが一歩及ばず。原監督も「5点というのはね、何とかやっぱり粘っこく(投げないと)。もったいないよね」と、ビッグイニングを献上した先発右腕に苦言を呈した。

     この日の敗戦で2位・広島とのゲーム差は1・5。なんとか首位を維持しているものの、打線の厚みを増すためにも大砲・中田の早期の完全復調が待たれるところだ。この日、中田はジャイアンツ球場で「再始動」。午後に行われた二軍戦には出場しなかったが、終始リラックスした表情を見せながら全体練習に参加し、ランニングやキャッチボール、打撃練習に守備練習をこなして汗を流した。

     復活に向けて奮闘している中田に対し、古巣・日本ハムサイドからはこんな声も出ていた。

    「巨人はタレントぞろいの球団。長年、日本ハムで主砲を務めてきた中田といえども個の色は薄まってしまうでしょうし、何より4番には不動の存在として岡本君がいる。中田は素顔は繊細な人間なので『どんな打順でもまずは自分は与えられた仕事をしよう』と弱気に考えてしまうのでは…」

     そんな逆境の中での戦いだからこそ、中田には忘れてほしくないことがあった。「中田には『4番を奪い取るんだ』くらいの強気な姿勢を持ってほしいですよね。チームだけでなく、日の丸を背負って4番を務めたほどの男ですよ? 彼は強気が何よりの持ち味の選手。主砲のプライドを忘れずに活躍してほしいです」(日本ハム関係者)

     降格前には11年ぶりとなる「8番」も経験した。万全な体調を取り戻しさえすれば、岡本和との「令和のON砲」を形成できることは間違いないだけに、今一度、大砲の原点回帰が待たれるところだ。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5a81b6fb0696be2a5d2f61780c695ea5c870e2d3


    【【野球】「主砲のプライドを忘れずに」の激言】の続きを読む



    1 それでも動く名無し (1級) (ニククエ Srcb-h8FJ) :2022/04/29(金) 18:51:09

    !extend:che*ed:vvvvv:1000:512
    !extend:che*ed:vvvvv:1000:512
    !extend:che*ed:vvvvv:1000:512


    .
    ※前スレ
    【日テレ/BS日テレ】巨人×阪神★4
    / VIPQ2_EXTDAT: che*ed:vvvvv:1000:512:: EXT was configured

    http://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1651225869/1


    【巨人×阪神 日テレ/BS日テレで放送中】の続きを読む



    (出典 cloudfront-ap-northeast-1.images.arcpublishing.com)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/20(水) 05:44:10.45

    4/20(水) 5:15
    東スポWeb

    巨人・戸郷翔征が〝ビッグ4〟に火を付ける!? ライバル球団が活躍に期待のワケ
    戸郷には他球団からも熱い視線が…(東スポWeb)
    〝同期の星〟となれるか。巨人が19日の広島戦(東京ドーム)に3―1で勝利し、首位に再浮上。先発した戸郷翔征(22)が8回を投げて1失点と勝利に大きく貢献し、リーグトップタイの今季3勝目を挙げた。開幕からチームの躍進を支える若き右腕だが、チーム内だけでなく、なぜか他のライバル球団からも大きな期待を寄せられている。そのワケとは――。

     力投が実った。初回を2つの三振を含む三者凡退に抑えると、その後も終始丁寧な投球を披露。2回と7回にはそれぞれ三塁まで走者を進められながらも、後続を断って無失点、許した失点は8回に西川の犠飛で奪われた1点のみと、粘り強い投球で今季最長&最多球数となる8回122球を投げ切った。

     最後は守護神・大勢が3人でピシャリと締め、球団史上最速となるチーム21試合目での10セーブに到達。2点のリードを守り切り、首位攻防戦の初戦を制した。

     快投を見せた戸郷は「1イニング1イニング、1アウト1アウトずつ取ろうと思っていたので、そこがいい結果につながったのかなと思います」と笑顔。原監督も「変化球に頼らず非常に真っすぐをうまく使った。5回以降は勝ちを急いだようなケースもあったが、8回を1点で抑えたのは良かった」と称賛した。

     そんな戸郷に対して、ライバル球団からも活躍を願う声が出ている。その背景にあるのが、ドラフト時に大きな注目を浴びた同世代の大物選手〝ビッグ4〟の存在だ。ある他球団の関係者はこう語る。

    「戸郷君と同期入団の同学年選手の中には、ドラフト当時〝ビッグ4〟と呼ばれた根尾(中日)、吉田輝(日本ハム)、藤原(ロッテ)、小園(広島)の大物高卒ドラ1が名を連ねています。ただ、結果的に同世代の中で一番実績を残しているのは、6位入団でダークホース的立ち位置だった戸郷君なんですよね」

     実際、すでにチームの先発ローテの柱として活躍し通算22勝を挙げている戸郷に対し、同じく投手の吉田輝はここまで1勝。野手陣では根尾、藤原、小園も一軍の舞台で奮闘しているが、戸郷の実績には及ばない。

    「選手たちにとって、同学年の選手の活躍はかなりの刺激になるんです。『もうあいつはこれだけ活躍している』『負けてられない』と闘志に火が付く。逆にその刺激がないと、現状に甘んじてのらりくらりと年数だけが経ってしまうことも珍しくない…。戸郷君には先陣を切って結果を残し続けて、彼らにはっぱをかけてほしい気持ちはあります」(前出関係者)

     田中将(楽天)や坂本(巨人)、前田(ツインズ)ら数多くの名選手を輩出している〝88世代〟を筆頭に、最近では佐々木朗(ロッテ)に奥川(ヤクルト)、宮城(オリックス)ら新世代の選手たちなど、球界を代表する選手たちは同学年のライバル同士で切磋琢磨してきた。〝ビッグ4〟の選手たちもポテンシャルの高さには定評があるだけに、巨人の未来のエース候補には「着火剤」となるべく、今後の成長への関心がより高まっているようだ。

    https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220420-04139741-tospoweb-000-4-view.jpg
    https://news.yahoo.co.jp/articles/48cf4abcaff6dbad6663efa08f9662c52f31b1c3


    【【野球】巨人・戸郷翔征が〝ビッグ4〟に火を付ける!?】の続きを読む

    このページのトップヘ