アジアの鷹

スポーツをまとめています。
野球が多いかもしれません。
野球では、ソフトバンクファンです。

    ソフトバンクが大好きです。
    他の球団も載せますよ~
    他のスポーツ全般を載せています。

    カテゴリ: 巨人



    (出典 www.nikkansports.com)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/12(火) 05:43:22.82

    4/12(火) 5:00
    東スポWeb

    巨人・原監督 不振の中田翔にゲキ「もうちょっとやってくれないとね」
    オープン戦は好調だった巨人・中田だが…(東スポWeb)
     巨人・原辰徳監督(63)が11日に、現在リーグ2位となっているチームの課題について語った。

     今季の原巨人は開幕スタートダッシュに成功し、2日に単独首位に浮上するも、10日までに今季初の2カード連続負け越し。首位を再び広島に明け渡した。

     この要因を、指揮官はこう分析する。「(現状の)得失点差で貯金が5。ぎりぎりのゲームをやっている」。その言葉通り、首位・広島が73得点の38失点と余裕がある勝ち方をしている一方で、巨人は61得点の59失点とその差はわずか2点。ここまでのほとんどの試合で接戦を制して来たことがうかがえる。

     必然的に、貧打に苦しむ打線の復調が求められる。チーム打率は2割4分8厘とリーグ2位ながらも、ここ数試合では「あと1本」が出ずに惜敗するケースが多発。中でも大きな誤算は、オープン戦では絶好調だった中田だ。

     開幕から「5番」に据えるも、ここまで15試合に出場して打率は2割8厘の2本塁打、8打点と低空飛行。10日のヤクルト戦ではスタメン落ちも経験した。原監督も「もうちょっとやってくれないとね。(本人が)一番分かってるよ、それは」とはっぱをかけたが「その辺は彼だけじゃないだろうけどね」と、中田以外の野手陣にも苦言を呈した。

     首位奪回のためにも、打線の復調は絶対条件。中田をはじめとした打線が勢いを取り戻すことができるかがカギとなりそうだ。

    https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220412-04121936-tospoweb-000-4-view.jpg
    https://news.yahoo.co.jp/articles/73fb958426a99d19d51ef2432769a25f4aed0d7b


    【【野球】巨人・原監督が中田翔に!!】の続きを読む



    (出典 s.eximg.jp)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/11(月) 05:46:39.36

    4/11(月) 5:15配信
    東スポWeb

    8回、一邪飛に倒れる中田翔(東スポWeb)

    〝荒療治〟が中田復活のキッカケになるか。巨人は10日のヤクルト戦(東京ドーム)に1―2で敗れ、2カード連続の負け越しとなった。10勝5敗となり広島にセ首位を明け渡した。大きな原因は6戦連続3得点以下と、急速に冷えた打線。開幕からクリーンアップの一角を務めた中田翔内野手(32)にも、ついに指揮官のメスが入った。

     2日連続の決断だった。原監督は開幕戦から「5番・一塁」で起用し、6戦連続安打ながら好機で打てず、ここ5試合打点ゼロの中田をベンチに置いた。

     背番号10は自分に代わり「6番・一塁」で出場した中島が、5回に左中間二塁打を放つのをベンチから見つめた。さらに7回2失点で降板した先発・赤星に代わり、8回の守備から「9番・一塁」で出場。その裏に中田に打席が回ってきたが、一邪飛と凡退した。

     巨人打線はヤクルト先発左腕・高橋の前にわずか4安打1得点で完投負け。原監督は「1点ではなかなかね。もう少し打たないとね。打者陣がもう少しふんどしを締め直してやらないとね」と、打線に奮起を促すと、中田については「まあ、個人的なことはともかくとしてね。打者陣ということでいいでしょ」と、言及を避けた。

     中田は昨年8月、日本ハムから騒動を経て巨人に電撃加入。元「日本の4番」に敬意を払い、新天地での起用法は慎重を期した。昨季は打率1割5分4厘、2本塁打と不振に陥ったが〝守備固め〟的な起用はなかった。

     前日9日には同点の8回無死一、二塁の場面で、走者を送るため中田に代打が出された。終盤で得点の可能性を高めるためとはいえ、3日の阪神戦(東京ドーム)で満塁弾を放っている中田としては寂しい選択。ベンチスタートのこの日と合わせて2日続けての「ショック療法」となった。

     首脳陣の決断の裏には直近の成功例がある。今年のオープン戦で不調に陥った丸は、一時は8番降格の〝荒療治〟を受けた。背番号8は開幕戦から「6番・中堅」と主軸を外れたが、それをバネに復調。この日は「5番・中堅」で起用されると、2回にチーム唯一の得点となる3号先制ソロ。打率2割7分8厘、3本塁打、8打点と調子を戻している。

     元木ヘッドコーチは「(中田)本人が調子上がるしかないから。悔しい思いをしているだろうけど、結果を出すしかない」とゲキを飛ばした。

     開幕後、自打球で足を痛めながら中田は「試合出させてもらってるんで痛いって言ってられない」と、気丈に話していた。チーム内競争を活性化させて、打線を生き返らせるのが巨人の常道でもある。中田は首脳陣の期待にバットで応えられるか。

    https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220411-04120763-tospoweb-000-5-view.jpg
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3be18f3681f48676d5a7aa38dd142a60e3a94232


    【【野球】ついに原監督の〝メス〟!】の続きを読む



    (出典 i.daily.jp)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/03/30(水) 05:28:37.92

    3/30(水) 5:15配信
    東スポWeb

    7回2失点の快投で今季初白星を挙げた巨人・戸郷(東スポWeb)

     巨人の4年目右腕・戸郷翔征投手(21)が〝桑田流放置プレー〟で蘇った。チームは29日のヤクルト戦(神宮)に5―3で逆転勝利。今季初先発の戸郷が4番・村上から3連続三振を奪うなど、7回114球10奪三振2失点の快投で今季初白星を挙げた。そんな右腕だが今月初旬は〝どん底〟を味わっていた。


     天敵に仕事をさせなかった。戸郷は立ち上がり四球、暴投、適時打と打者2人であっという間に先制を許したが、一死一塁で4番・村上を迎えるとスイッチが入った。

     148キロ直球で村上から見逃し三振を奪うと、その後の2打席は、ともにフォークで空振り三振。3打席連続三振に仕留めた。

     昨季8打数4安打1本塁打4打点と打ち込まれた、やっかいな相手を封じ、7回114球を投げ6安打10奪三振2失点。野手は3安打5得点と効率よく右腕を援護した。原監督は「(戸郷は)真っすぐも多く使ってね。強気のピッチングができたと思いますね」と目を細めた。

     そんな戸郷だが、ここまでの道のりは険しかった。右腕を復活させたのは桑田投手チーフコーチによる〝放置プレー〟だった。

     キャンプ中、不調に陥った戸郷は2月24日の楽天戦(那覇)で1回5安打4失点。最後は股間に打球を受け、悶絶しながら交代する屈辱を味わった。

     桑田コーチは昨季11勝の左腕・高橋とともに、右腕に二軍調整を命じると、一軍でドラ1・大勢、ドラ3・赤星、2年目・山崎伊、3年目・堀田らを鍛えた。ライバル球団からは「2年連続9勝の戸郷がローテを外れるワケがない。じっくり調整して開幕ローテには入ってくる」と、戸郷は当確と見られていた。

     だが二軍でも戸郷の扱いは〝雑〟そのもの。3月16日の二軍・楽天戦(G球場)で8回から5番手として登板し2イニング無失点。そこから中4日で臨んだ21日のオープン戦最終・楽天戦(東京ドーム)で4回1失点と〝最終テスト〟で合格。ギリギリの状態で2カード目初戦の先発をもぎとった。

     自他ともに認める次期エース候補にとって二軍降格はショックだったようで、戸郷も「二軍に落ちたことが一番変われたきっかけ。強いボールをというか、思いきって投げようというのを意識してからは真っすぐも行き始めて、変化球も効き始めた」と、謙虚に答えた。

     最後に戸郷は「桑田さんも『良かった』と、言ってくれたのでまあ良かったですけどね」と、ニッコリ。ギリギリまで追い詰められた右腕がローテの柱としてシーズンをまっとうできるか注目だ。

    https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220330-04095590-tospoweb-000-4-view.jpg
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b993ace4ee6683c1f0e9f2d2a394800b88a36ac1


    【【野球】巨人・戸郷をどん底から復活】の続きを読む



    (出典 hochi.news)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/03/29(火) 05:40:21.07

    3/29(火) 5:15配信
    東スポWeb

    巨人・桑田コーチ(東スポWeb)

     桑田改革は果たして実を結ぶのか――。中日との開幕カードを2勝1敗と勝ち越して船出した原巨人は、29日から昨季日本一・ヤクルトと3連戦(神宮)。そんななかチーム内からは「桑田コーチの改革が、どれだけの成果を見せるのか」との声が。G投の責任者・桑田真澄投手チーフコーチ(53)に〝第1の関門〟が待ち受ける。

    【写真】ヤクルト3連戦の初戦先発を任される巨人・戸郷


     開幕カードの中日との3連戦を2勝1敗。桑田コーチが手塩にかけた2年目・山崎伊、ドラ3・赤星はともに勝ち星こそつかなかったものの、デビュー戦でそれぞれ持ち味を発揮した。新守護神のドラ1・大勢も2セーブを挙げるなど、まずまずの船出となった。

     そんな桑田コーチが鍛えてきた投手陣は、29日から昨季日本一・ヤクルトとの3連戦に臨む。昨季V逸の要因の1つとなったのが、ヤクルト戦でのG投崩壊だった。

     セMVPの4番・村上には打率3割4分8厘、8本塁打、25打点とセ5球団でもっとも打ち込まれた。今季早くも3本塁打とノリノリのサンタナにも打率3割1分、8本塁打、19打点。ヤクルトのチーム142本塁打中、巨人がワーストとなる33本を献上した。

     もちろん打者有利と言われる神宮球場と東京ドームで対戦する以上、本塁打数が増えるのは仕方がない。ただ、対戦成績は11勝11敗3分けの五分も、五輪後の後半戦に限れば4勝7敗2分け。ヤクルト打線を抑えられなかったことが、終盤のチーム失速の最大要因となった。

     V奪還を狙う巨人にとって、避けては通れない相手。チーム関係者は「桑田コーチが昨年秋から取り組んできた改革が実を結ぶのか、その最初の試金石になる」と、ヤクルトとの今季初対戦を注視する。

     ここまで原監督は「投手は桑田に任せている」とG投再建を〝一任〟。「今年は治療の年」と宣言した桑田コーチは課題を制球力のなさと見抜くと、G投全体に制球力向上を求めてきた。

     もちろんすぐに結果は出ない。中日との開幕カードを振り返った同コーチは「先発は3試合で(それぞれ)6イニング投げて、四死球が3つなのに対して中継ぎが12個。課題である四死球を減らすということが、まだ改善されていない」と、表情を曇らせていた。

     もちろん初対戦で仮に打ち込まれても、シーズントータルで抑えれば問題はない。それでもあまりにも勝負にならなければ〝桑田改革〟に対する信頼にカゲを落としかねない。阪神との開幕カードで3戦20得点と大爆発し、3連勝を飾ったツバメ打線にG投がどれだけ通用するか注目だ。

    https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220329-04092953-tospoweb-000-4-view.jpg
    https://news.yahoo.co.jp/articles/03d35f4b71da4267d8125dbde33ecda178883f25


    【【野球】苦手ヤクルト打線にG投手陣は通用するのか】の続きを読む



    (出典 www.nikkansports.com)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/03/15(火) 06:13:53.79 ID:CAP_USER9.net

    3/15(火) 5:00
    東スポWeb

    巨人・元木ヘッドが二軍降格・松原に愛のムチ「這い上がってこなきゃだめだ」 
    二軍に合流した松原聖弥に元木ヘッドから猛ゲキが(東スポWeb)
     悔しさをバネに這い上がれ――。巨人の元木大介ヘッド兼オフェンスコーチ(50)が14日に、二軍降格となった松原聖弥外野手(27)へ愛のムチを飛ばした。

     今季の1番打者定着に大きな期待を寄せられていた松原だったが、ここまでのオープン戦で計10試合出場し、打率1割5分4厘と低空飛行。原監督からは「あいつ本当に頑張ってるから。頑張り屋さんなんだけど…」と必死にもがく姿を評価されていたが、遂には13日に二軍行きとなった。

     元木ヘッドは「全部のレベルアップよ。走塁、打撃、守備、全部。レギュラー(のレベル)じゃないよって。這い上がってこなきゃだめだ」と、今一度の奮起を催促。「1番打者構想」も白紙となったが「その辺はちょっと監督と話していかなきゃいけない。俺の判断ではできないから。でもタテ(立岡)がこうやって結果出せばタテを使う可能性もある*」とも語った。

     当然、レギュラー定着を狙い、満を持して今季に臨んだ松原本人は歯がゆい思いを抱えている。「もちろん悔しさ…悔しさしかないですね。まず悔しさをバネにして、この二軍にいる時間をいい時間にできたらなと思います」と、時折言葉に詰まりながらも、率直な心境を告白。それでも「落ちたからには前向きに捉えるしかないので」と気持ちを強く持った。

     首脳陣の誰もが認める高いポテンシャルの持ち主。開幕直前のこの悔しさは、松原にとって大きな糧にもなるはずだ。

    https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220315-04060814-tospoweb-000-2-view.jpg
    https://news.yahoo.co.jp/articles/97ce72fcf44305178cef349ccaee1cae99b39525


    【【野球】巨人・元木ヘッドが二軍降格】の続きを読む

    このページのトップヘ