アジアの鷹

スポーツをまとめています。
野球が多いかもしれません。
野球では、ソフトバンクファンです。

    ソフトバンクが大好きです。
    他の球団も載せますよ~
    他のスポーツ全般を載せています。

    カテゴリ: ロッテ



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/11/21(土) 06:26:51.47 ID:CAP_USER9.net

    ロッテ清田育宏(2020年6月27日)

    ロッテ清田育宏外野手(34)がFA権の行使について熟考していることが20日、分かった。18年の国内FA権取得に続いて、今年7月には海外FA権の取得条件を満たし「ここまでやってこられたことは素直にうれしい」と球団を通じコメントしていた。

    プロ11年目の今季は70試合に出場。規定打席未到達ながら、シーズン終盤やCS第1戦では4番も任された。長打率4割6分7厘は、チーム内ではマーティンに次ぐ数字。左打者が多い打線において、右のポイントゲッターとして存在感を見せた。FA権を行使せずの来季残留が確定的とみられたが、近い関係者に「あらためて熟考しています」と話していることが20日までに判明した。

    ロッテへの愛着は強く、今季もベンチ前列でチームを鼓舞する姿が多く見られた。一方でスタメン出場は49試合にとどまった。さらなる出場機会を求め、得た権利について検討しているもようだ。同じくFA権を保有する荻野貴司外野手(35)や唐川侑己投手(31)も含め、生え抜き選手たちが来季以降について、あらためて球団と話し合いの場を持つことになる。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f374d001db2a51b9c7311be1718f2e1b3c7f635d
    11/21(土) 6:00配信


    (出典 Youtube)

    【歌詞付き】千葉ロッテマリーンズ 清田 育宏 応援歌


    (出典 Youtube)

    11/21(土) 6:00配信


    【【野球】ロッテ生え抜きの清田、荻野はFA権行使を熟考段階】の続きを読む



    (出典 img.news.goo.ne.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/11/20(金) 06:19:27.69 ID:CAP_USER9.net

     ロッテの荻野貴司外野手(35)が国内フリーエージェント(FA)権の行使を検討していることが19日、分かった。昨年6月に国内FA権を取得し、昨オフは宣言せずに1年契約で残留した。今季も残留が基本線とみられていたが、球界関係者によれば10年から過ごすチームに強い愛着を感じている一方で、近い関係者に「今の自分の評価を他球団から聞いてみたいとも思っている」と話しており、残留を含めさらに成長できる環境を求めているようだ。

     プロ11年目の今季は右足の負傷や新型コロナウイルスに感染した影響で53試合の出場にとどまったが、主に1番で打率2割9分1厘、出塁率3割7分、19盗塁とチームのリーグ2位に貢献。ソフトバンクとのクライマックスシリーズでも打率6割2分5厘と存在感を放った。

     昨オフに残留を決断した時には「いろいろなけがをしましたが、ここまでユニホームを着させてもらってまだまだ恩返しができていない」とチーム愛は強い。ただ走攻守そろった外野手は、昨季初のゴールデン・グラブ賞とベストナインを受賞。今年で35歳だが「まだまだ自分ではやれると思っている」と話すなど、プロ通算220盗塁を誇る自慢の快足も衰え知らずだ。

     今後は納得のいく結論を出すため熟慮を重ねる。今季年俸7800万円は人的補償が必要なBランク。チームでは今季海外FA権を取得した沢村、唐川、国内FA権を取得した松永が行使を検討中。チーム屈指の人気を誇る荻野を含め、主力の大量流失を防ぐために球団が誠意を持って残留交渉に臨むことになりそうだ。

     ◆荻野 貴司(おぎの・たかし)1985年10月21日、奈良県生まれ。35歳。奈良・郡山高では3年夏に県大会準優勝。関学大では遊撃手でベストナイン5回。トヨタ自動車で2008年日本選手権優勝。09年のドラフト1位でロッテ入団。通算784試合に出場し、打率2割8分、32本塁打、214打点、220盗塁。172センチ、75キロ。右投右打。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/66f492526af4545e8185c221fff7be68228fdd76
    11/20(金) 5:00配信

    https://npb.jp/bis/players/71575131.html
    成績


    【ロッテ 荻野貴司、FA行使検討…35歳220盗塁「自分の評価を他球団から聞いてみたい」】の続きを読む



    (出典 www.sanspo.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/11/19(木) 04:38:24.20 ID:CAP_USER9.net

    海外フリーエージェント(FA)権を行使して今オフの大リーグ移籍を視野に入れているロッテの沢村拓一投手(32)が、イチロー氏(現マリナーズ球団会長付特別補佐兼インストラクター)らの担当で知られるジョン・ボッグス氏と代理人契約を結んだことが18日、分かった。

     同氏は83年から大リーグの代理人業を務める大ベテラン。イチロー氏の他にも通算3141安打のトニー・グウィン氏ら超大物を顧客に抱え、担当選手の大型契約は10年オフに強打者エイドリアン・ゴンザレスがレッドソックスと結んだ7年総額1億5400万ドル(約160億円)などが有名だ。現在も平野(マ軍からFA)、今季のワールドシリーズを制したドジャースのデーブ・ロバーツ監督らをサポートしている。

     ボッグス氏の強みは長年のキャリアで築いた幅広い人脈。ジャイアンツなどで監督通算2003勝を挙げたブルース・ボウチー氏、選手会のトニー・クラーク専務理事も顧客だったことがあり、大リーグ機構、選手会などにも顔が利くという。

     今オフ、最優秀救援投手の右腕ヘンドリックス(アスレチックスからFA)ら実力者がひしめくリリーフ投手の移籍市場が本格的に動き始めるのは12月上旬。沢村は敏腕代理人のサポートを受け、夢の舞台への道を探る。

    11/19(木) 4:00
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201119-00000003-spnannex-base


    【ロッテ・澤村にイチローの代理人!海外FA権行使へボッグス氏と契約】の続きを読む



    (出典 hochi.news)


    社会人の宿命です。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/11/18(水) 09:12:07.25 ID:CAP_USER9.net

    本誌が目撃した “令和の怪物” の足取りは、重かった――。千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希投手(19)の1年めは登板ゼロで終了。さらに、11月7日には井口資仁監督(45)から、「みやざきフェニックス・リーグ」への派遣見送りも明言されてしまった。

    監督は『状態が上がっていない』と話すだけで、何がダメかの説明もない。本当のことがわからない」(専門誌記者)

     佐々木はシーズン開幕から、二軍登録のまま一軍に同行させる、異例の方針が貫かれた。その一方、2020年1月に入寮した埼玉県内の選手寮で生活してきた。同僚の多くは近所の二軍球場で練習、試合に励んでいるため「ひとりだけ浮いている」という状況が続いてきたのだ。

     10月末から二軍に合流したが、わずか数日で入れ替わるように、二軍の大勢はフェニックス・リーグが開催される宮崎県へ向かった。「でも、佐々木は大丈夫なはず。彼は “陽キャ” だからね。2019年のU-18W杯の韓国遠征では、初対面のチームメイトともじゃれ合っていた」と前出の専門誌記者は言う。

     だが、寮近くの選手行きつけの飲食店の店主に聞くと……。

    「基本的に、彼は寮でご飯を食べていると、ほかの選手が話してくれたけど、佐々木君はうちに来たことがないんです。大事にされているんだろうけど、一度来てほしいですね」

     近所の別の店主も、「ロッテ選手は複数人で来てくれることが多いんです。佐々木君は、まだ来てないですね」と話す。

     人知れず、二軍で “ぼっち化” しているのでは――。あるプロ野球OBも心配する。

    「一軍にいても試合に出られず、二軍にも合流できないというのは、佐々木がかわいそうです。

     一軍で彼を見る吉井理人コーチには、大谷翔平らを育て上げた実績がありますが、二軍選手のはずの佐々木を指導できない二軍コーチからしたら、おもしろくない。『俺たちはなんなんだ』といった不満の声も聞こえているので、彼がコーチたちの板挟みにならなければいいのですが……」

     11月10日、数人の選手と練習をともにしたこの日も、佐々木は冒頭のように “ひとり” 歩いて、二軍球場入りをした。練習での佐々木はキャッチボールどころか、グローブすら持たない。こなしたのは種市篤暉投手(22)と同じ、下半身強化中心のメニューだ。

     種市は2019年に8勝をあげたが、2020年9月に右肘のトミー・ジョン手術を受け、術後4カ月間のスローイング禁止中だ。佐々木は2019年7月に高校野球岩手県大会決勝で登板を回避して以来、たびたび “右肘の違和感” が噂されるが、種市と同じ “リハビリメニュー” での練習とは――。

     野球解説者の江本孟紀氏(73)は、現状をこう推測する。

    「投球練習をしていないのであれば、どこか重大な “欠陥” があると勘繰られても仕方ないでしょう。佐々木については、僕はとても中途半端な状態になっていると思う。もし『大事に育てているだけ』というのであれば、ロッテも『3年後の一軍登板を目指す。今は強化のとき』と、対外的にアナウンスすればいいことです。

     それに、鍛えるといっても、ロッテの場合は大事にしすぎて、鍛えてすらいない。厳しく鍛えると故障すると思っているから。『プロに入ったなら、故障を怖がるな』と言いたいよ」

     木枯らし吹く二軍で――。佐々木には、“忍耐の季節” が訪れる。

    (週刊FLASH 2020年12月1日号)


    (出典 i.imgur.com)


    11/18(水) 6:02
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20201118-00010000-flash-peo


    【ロッテ佐々木朗希、リハビリ用メニューで「さびしき二軍“ぼっち”生活」】の続きを読む



    (出典 www.nikkansports.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/11/17(火) 05:58:30.33 ID:CAP_USER9.net

    ロッテの勝利の方程式が解体の危機にある。唐川侑己投手(31)が2018年(平30)に取得した海外FA権の行使を検討していることが16日、分かった。関係者によると、ここ数年、今後の野球人生について、より真剣に考えるようになった様子が見られ、昨年には代理人と契約し、準備を整えたという。

    【写真】ロッテ唐川侑己

    今季は空振りの取れるカットボールを武器にリリーフを主戦場としてきた。7月30日の初登板から快投を重ね、守護神の益田、沢村、ハーマンとともに勝ちパターンを担った。32試合に登板し防御率1・19の成績で、日本シリーズには届かなかったが、クライマックス・シリーズ進出の原動力ともいえる救援陣の安定感をもたらした。

    視野に入れているのは国内移籍で、メジャーについては考えていないとみられる。年俸ランクはCランクのため、移籍となっても人的補償が発生しないことは後押しになる。近く、球団としっかり話し合った上で、どうするか決断する見込みだ。

    地元千葉の成田高出身で高卒入団1年目から15試合に先発し5勝を挙げるなど、チーム内でも人気の高い選手。シーズン最終戦を終えたばかりだが、海外FA権を行使してのメジャー挑戦を検討している沢村。来季に向けて交渉中のハーマン。そして唐川。球団としてはリリーフ陣との残留交渉が、いきなり局面を迎えることになる。

    ◆FAメモ FA有資格者が権利を行使するための申請期間は、日本シリーズ終了日の翌日から土、日曜日と祝日を除く7日間。期間中に在籍球団へ権利行使の意思を伝え、期間終了の翌日に「FA宣言選手」として公示される。公示翌日から交渉が可能となる。宣言選手は旧球団の年俸順位でA(1~3位)B(4~10位)C(11位以下)にランク分けされ、ランクによって旧球団への補償内容が異なる。

    ◆唐川侑己(からかわ・ゆうき)1989年(平元)7月5日、千葉県成田市生まれ。成田高2年春、3年春に甲子園出場。07年高校生ドラフト1巡目でロッテ入団。08年4月26日ソフトバンク戦でプロ初登板初勝利、平成生まれのプロ勝利投手第1号に。11年にはチーム最多の12勝をマーク。18年途中から中継ぎ転向。181センチ、80キロ。右投げ右打ち。

    11/17(火) 5:00
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201117-21160636-nksports-base

    https://npb.jp/bis/players/21525116.html
    成績


    【ロッテ唐川FA行使検討 国内移籍へ代理人とも契約 32試合 1勝1敗 1.19】の続きを読む

    このページのトップヘ