アジアの鷹

スポーツをまとめています。
野球が多いかもしれません。
野球では、ソフトバンクファンです。

    ソフトバンクが大好きです。
    他の球団も載せますよ~
    他のスポーツ全般を載せています。

    カテゴリ: ロッテ



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/02/01(月) 19:04:17.70 ID:CAP_USER9.net

     平成唯一の3冠王でロッテの臨時コーチを務める松中信彦氏が1日、キャンプ初日から積極的に指導を行った。球団公式ツイッターもバットを片手にする“ロッテ松中”写真を公開しファンも「存在感とオーラが凄い」と大絶賛だった。

     現役を引退しNPB球団で指導するのは初めてとなった松中氏。1日から沖縄・石垣島で始まったロッテ春季キャンプでは安田、藤原らを手取り足取りで指導する姿が見受けられた。

     ロッテのTシャツ、“タテジマ”ズボンの松中氏を球団公式ツイッターも「臨時打撃コーチ。初日から熱い指導を繰り広げています」とコメントを添え写真を公開。これにはファンも「存在感とオーラが凄い」「ユニホーム似合う」「現役みたい」と驚きの声を上げていた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6e5d5f5fadaedcc95b2a257eebb558d4616e7c1d
    2/1(月) 17:45配信


    (出典 static.chunichi.co.jp)


    (出典 media.image.infoseek.co.jp)


    (出典 www.sanspo.com)



    (出典 Youtube)

    松中信彦選手の応援歌


    【ロッテ松中臨時コーチの“ユニ姿”に絶賛の嵐】の続きを読む



    (出典 www.nikkansports.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/02/01(月) 19:04:17.70 ID:CAP_USER9.net

     平成唯一の3冠王でロッテの臨時コーチを務める松中信彦氏が1日、キャンプ初日から積極的に指導を行った。球団公式ツイッターもバットを片手にする“ロッテ松中”写真を公開しファンも「存在感とオーラが凄い」と大絶賛だった。

     現役を引退しNPB球団で指導するのは初めてとなった松中氏。1日から沖縄・石垣島で始まったロッテ春季キャンプでは安田、藤原らを手取り足取りで指導する姿が見受けられた。

     ロッテのTシャツ、“タテジマ”ズボンの松中氏を球団公式ツイッターも「臨時打撃コーチ。初日から熱い指導を繰り広げています」とコメントを添え写真を公開。これにはファンも「存在感とオーラが凄い」「ユニホーム似合う」「現役みたい」と驚きの声を上げていた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6e5d5f5fadaedcc95b2a257eebb558d4616e7c1d
    2/1(月) 17:45配信


    (出典 static.chunichi.co.jp)





    (出典 Youtube)

    松中信彦選手の応援歌


    【ロッテ松中臨時コーチの“ユニ姿”に絶賛の嵐】の続きを読む



    (出典 gs-files.spaia.jp)



    1 首都圏の虎 ★ :2021/02/01(月) 21:34:36.27 ID:CAP_USER9.net

    「ロッテ春季キャンプ」(1日、石垣島)

     ロッテの佐々木朗希投手がキャンプ初日からブルペン入りし、捕手を立たせて37球を投じた。

     2年目は順調なスタートを切り、「去年とは気持ちが全然違うと感じました」と手応え。ゆったりとしたフォームから直球を投じ、捕手のミットに心地よい音を響かせた。

     デイリースポーツ評論家・関本四十四氏は「あれだけの大きな体をバランス良く、なめらかに使えるのは天性としか言えない」と、改めて“令和の怪物”に期待。元巨人2軍投手コーチの視点から「この連続写真を見ても左足を高く上げた、きれいなフォームは相変わらず。あごが上がったり、胸が反っくり返ったりということは全くない。多くの球界関係者が衝撃を受けた、昨年の印象そのままと言えるだろう。やはり魅力ある存在なのは間違いない」とした。

     最速163キロの看板を引っさげて入団した昨季は、2月13日に立ち投げ。本格的な投球は2月27日だった。その後、コンディション不良もあり、シーズンを通して実戦での登板がないまま終わった。

     今季こそ、そのベールを脱ぐ時は来るのか。関本氏は「自分のコーチ時代も巨人の橋本清など高卒1、2年目の体の大きい選手はまだ背が伸びていたり、体ができあがっていなかったりという選手はいた」と体力面の不安を指摘。その上で、「去年、1軍に帯同させながらどこまで体を強くすることができたのか。無理はさせず、段階を踏みながらやっていくとは思うが、今年はその答えも少し出るのではないか」と語った。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/451ce28f85f49cf23d5f8df68572af6e02e56013

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    【ロッテ 佐々木朗希はやはり“怪物”2年目でベール脱ぐか】の続きを読む



    (出典 bunshun.ismcdn.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/02/01(月) 09:36:28.40 ID:CAP_USER9.net

     ロッテの井口資仁監督(46)は31日、沖縄県石垣市での合同自主トレを視察。実戦デビューが待たれる2年目の佐々木朗希投手(19)と楽天に復帰した田中将大投手(32)との投げ合いが今季中に実現する可能性について前向きな見通しを示した。

     「朗希はしっかりと体ができている。今年はローテーションに入ってもらいたい」。代表取材でも順調に仕上がっている佐々木朗に熱い期待を寄せており、「しっかり投げてくれれば」とローテ定着が条件ながら、2人の投げ合いがあるかどうかの問いに「もちろん、そうです」と言い切った。

     佐々木朗は2011年に起きた東日本大震災で田中将から勇気をもらった被災者の1人だ。当時9歳。故郷の岩手・陸前高田市は津波で甚大な被害を受け、自身も家族を失い、震災遺児となった。

     その時の田中将はまだ大リーグ入りする前。楽天の若きエースとして活躍し、震災直後から復興に尽力。13年には無傷の24勝を記録し、チームを初の日本一に導いた。東北の野球少年らにとっては憧れの存在だった。

     井口監督も震災の年を含めて現役時代に5年にわたって田中将と対戦経験があり、際だった才能を認めている。「強敵なのは間違いない。だから選手たちも楽しみじゃないですか」と不敵な笑みだ。

     3月で震災発生から10年。東北に限らず日本中のファンが2人のビッグマッチを心待ちにしている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/9cf3cc5810302091ac9c9134a6afdc6b132ef53f
    2/1(月) 6:05配信


    【ロッテ 佐々木朗希、今年はローテに】の続きを読む



    (出典 cdn.new2.jp)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/01/23(土) 07:16:49.10 ID:CAP_USER9.net

    1/23(土) 5:15
    東スポWeb

    ロッテは清田謹慎でも外野陣激戦 ライバルは編成に疑問も 
    清田が抜けても藤原(写真)のポジションが保証されているわけではない
     ロッテがハイレベルな外野手定位置争いで他球団から注目を集めている。

     昨季CS進出を果たした原動力と言えばリーグ2位の防御率3・81を記録した投手陣に目が行きがちだが、野手陣の奮闘も忘れてはいけない。

     特に外野陣はチームが新型コロナ感染拡大による主力選手の大量離脱に見舞われた際にも戦力を維持。藤原恭大外野手(20)ら若手選手の台頭にも繋がった。このオフは球団への虚偽報告で清田育宏外野手(34)が無期限謹慎処分となったが、当面のダメージはそれほどでもなさそう。今のロッテには外野手があまるほどいるのだ。

     現時点での外野レギュラー候補は昨季チーム最多の25本塁打をマークした助っ人マーティンを筆頭にプロ12年目を迎えるベテラン荻野、昨年のコロナ禍で実力の片鱗を見せつけた藤原の3人が有力視されている。そこに昨季自己最多の81試合に出場した菅野や移籍2年目の福田秀、さらにはベテランの角中、俊足の和田らが加わる。

     だが、外野の守備位置は3つ。菅野は一塁を守れるため、外野との併用も可能だが、それ以外の選手は「外野専門」。どうしても起用法が限られてしまうことになる。

     実際、ある在阪スコアラーも「ロッテの外野陣は足を使える選手が多いし守備力も高いのでリーグ屈指」と評価する一方「両打ちで俊足の加藤(翔平)などは一軍で活躍できる能力があるのに昨季はコロナ禍でもほとんど起用されずに終わりましたから。昨季のように(戦線)離脱者や故障者が続出すれば別でしょうが、手薄な内野陣とは対照的に明らかに外野手が多過ぎる」とチーム編成に疑問を投げかけていた。

     チームはこのオフに米メジャー通算922試合の出場を誇るアディニー・エチェバリア内野手(31=前ブレー*)を獲得。今春キャンプでの外野手の内野へのコンバートも難しい状況になりつつある。飽和気味の外野陣を首脳陣はどう使いこなしていくのか。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/49bf44636c4db2cdab591ad4098fbd25e26e564b


    【ロッテは清田謹慎でも外野陣激戦】の続きを読む

    このページのトップヘ