アジアの鷹

スポーツをまとめています。
野球が多いかもしれません。
野球では、ソフトバンクファンです。

    ソフトバンクが大好きです。
    他の球団も載せますよ~
    他のスポーツ全般を載せています。

    カテゴリ: サッカー



    (出典 number.ismcdn.jp)



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2022/06/23(木) 12:08:47 ID:ZKY27rMH0.net
    まず最も注目される世界戦
    負けたら嫌な気分になるのに優勝とかベスト8すらあり得ないから勝ってもそんなに嬉しくない

    【サッカーを好きになれない理由】の続きを読む



    (出典 static.chunichi.co.jp)



    1 U-名無しさん :2022/03/16(水) 16:16:16.68
    税金でスタジアムを建てろと脅迫する

    【Jリーグサポーターにありがちな事】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



    1 首都圏の虎 ★ :2022/06/14(火) 23:10:58.63
    キリンカップサッカー2022決勝の日本代表対チュニジア代表戦が14日に行われ、日本は0-3の敗戦で優勝を逃す結果に終わった。カタールワールドカップでの対戦が予定されるドイツやスペインのメディアも日本の敗戦について報じている。


     前半に何度か決定機を生み出しながらも決められなかった日本代表は、後半立ち上がりに吉田麻也のファウルで与えたPKから失点。さらに連携ミスから追加点を奪われたのに続いて、最後はアディショナルタイムにも強烈なミドル弾で決定的な3失点目を喫した。


    「ドイツ代表の対戦相手である日本はチュニジアに対してノーチャンスだった」とドイツ『スカイ』は報道。試合の流れについて伝えつつ、今季ブンデスリーガでプレーしていた日本代表選手6人が出場したことにも言及している。

     スペイン『EFE通信』は、「チュニジアが日本からのプレゼントでパーティーに興じる」と試合を報じた。「(チュニジアは)サムライブルーの守備のプレゼントを活かした」と、日本の失点が主にミス絡みであったことを強調している。

    「日本は残念な姿を見せた」と不甲斐ない戦いぶりを表現。特に直接的に失点に繋がるミスを*たDF吉田麻也については「おそらくなかなか忘れられない夜になるだろう」と述べている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1ea7d952c134a829916478a70ab2e5af7c74a4f5

    【日本がチュニジアにプレゼント】の続きを読む



    (出典 www.nippon.com)



    1 風吹けば名無し :2022/06/07(火) 06:30:14.70

    よく応援できるわあんな弱くて


    【サッカー日本代表てなんであんな弱いだ】の続きを読む



    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)



    1 首都圏の虎 ★ :2022/06/05(日) 19:35:21.95

     サッカー日本代表は6日、国立競技場でブラジル代表との国際親善試合に臨む。左サイドが主戦場のDF長友佑都(35)=FC東京=は約6年7カ月ぶりに右サイドバックでの先発出場が濃厚。FWビニシウス(レアル・マドリード)とのマッチアップにW杯本大会のメンバー入りを懸け「生きるか*か」と悲壮な覚悟を示した。過去の対戦成績は日本の2分け10敗。

     聖地・国立が“長友劇場”と化しそうだ。W杯本大会のメンバー入りを懸けた熾烈(しれつ)な争いは「本当にギリギリだし、首の皮一枚でつながっている状況」と言う。だが、悲壮な言葉とは裏腹に表情は明るい。「これまでも数々の逆境を乗り越えてきたし、自分の強さが発揮できると思っている」。こうした逆境や批判こそ大好物。長友は「これから面白いことになるんじゃないかな。その争いを楽しみたい」と不敵に笑った。
     勘所を押さえてきたからこそ、長年代表に君臨してきた。次は世界ランク1位のブラジルが相手で、マッチアップするのは未来のバロンドール候補のビニシウスと、最高のアピール材料がそろう。さらには代表では久しぶりの右サイドでの起用も予想される。長友は「自分にとってはしびれる展開。また新しい長友を見せたい」と武者震いし、こう続けた。
     「長友佑都は強い選手とやってこそ本領を発揮してきた。今回も(対面は)バロンドールを取ってもおかしくない乗りに乗っている選手。その相手にどのくらいできるのか、今の自分を試せる」
     この一戦は単なる親善試合ではない。それぐらいの覚悟が吐き出す言葉には満ちていた。「できないようならW杯でスペインやドイツといった強豪と当たるので厳しくなる。言ってみれば生きるか*かの戦い。レギュラー争い、W杯メンバー入りも含めて生きるか*かというふうに僕は感じる」。超満員の国立でサッカー王国相手に自らの価値を証明し、4度目の夢舞台へと近づく。そのシナリオが長友の頭には浮かんでいるはずだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/eda7285727f3eabf5b16939a99b21ee43442fb5e


    【【サッカー日本代表】長友佑都 ブラジル戦「自分にとってはしびれる」】の続きを読む

    このページのトップヘ