アジアの鷹

スポーツをまとめています。
野球が多いかもしれません。
野球では、ソフトバンクファンです。

    ソフトバンクが大好きです。
    他の球団も載せますよ~
    他のスポーツ全般を載せています。

    カテゴリ: 高校野球


    甲子園のスターに高すぎた「プロの壁」、活躍を見たかった高卒ドラフト1位の男たち



    (出典 %E9%87%8E%E7%90%83%E6%B3%A8%E7%9B%AE%E9%81%B8%E6%89%8B.com)



     プロ野球の球団にとって、ドラフトチーム強化の「イロハのイ」。新人獲得は数億円をかけたビッグプロジェクトでもあります。中でも1位の指名選手が順調に育つか否かは、チームの将来に大きな影響を及ぼします。

    大学生社会人の「即戦力」に対して、高卒は「当たるとデカい」ギャンブル的な要素を含んでいますが、それだけファンロマンも膨らみます。今でも野球好き同士が集まると「アイツは惜しかった」「本領発揮となれば、今頃どんな活躍をしていたんだろう」と想像し、語り合う逸材について、あらためておさらいをしたいと思います。


    2004年広島1巡目・佐藤剛士投手(秋田商業)

    この年は東北地方に逸材がそろっていました。東北高校ダルビッシュ有投手、一関高校・木村正太投手と並んで「みちのくBIG3」の一角と呼ばれたのが、この佐藤投手です。

     その魅力は150キロにも届きそうなストレート。公立校のエースとして、3年次には春夏の甲子園にも出場するなど全国の舞台へ進む原動力となり、文句なしのドラフト1巡目として広島カープへと入団しました。

    2年目の06年4月には1軍の先発に抜擢され、横浜戦でプロ初登板初先発を果たしますが、結果は3回途中9失点。その後は肩や腰に故障も相次ぎ、1軍のマウンドに再び舞い戻ることはかなわず、2010年限りで戦力外通告を受けました。

    1軍では登板1試合、通算防御率は「34・71」。けがさえなければ…プロの厳しさがこの数字からうかがえます。

    そんな佐藤投手の名が再び、野球ファンの胸に刻まれる機会が昨年ありました。ダルビッシュ有投手が自身のツイッター2004年選抜大会の動画を添えて、こう投稿したのです。

    「自分の同級生の秋田商・佐藤剛士ピッチング見てたら佐藤が凄いのはもちろんなんやけどキャッチャーのフレーミングがなかなか凄い。15年前だと思えないレベル

    捕手の捕球技術に言及するのがダルビッシュ投手らしいところですが、「佐藤が順調に育っていたら、今頃は…」とカープファン甲子園マニアが思いを致すきっかけにもなりました。

    ・今すぐ読みたい→
    1億円プレイヤーの日本ハムファイターズ「大田泰示」!巨人が活かせなかった彼の素質とは? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/taijiohta-quality/

    2006年巨人高校生ドラフト1巡目・辻内崇伸投手(大阪桐蔭高校)

    野球に「たら・れば」は厳禁なのは分かっていても、巨人ファンは気づいたらこんな会話をしてしまうことでしょう。

    「辻内が3年夏の甲子園でのパフォーマンスを、プロでも発揮していたら…。あの剛速球、東京ドームで見たかったなあ」

    聖地を沸かせた左の剛腕。3年夏の甲子園大会、1回戦の春日部共栄戦では156キロをマーク。2回戦の藤代戦では当時の大会タイとなる19三振を奪い、4強入りに貢献。あまり語り継がれませんが、実は当時駒大苫小牧の2年生だった田中将大投手からホームランも放っています。

    高校生ドラフトではドラフト1巡目でオリックスと2球団競合の末、巨人に入団。「暗黒期」とも称された当時の巨人にとって、その存在はまさに希望の光でした。

    しかし、1年目から肩痛を発症。現役生活は主にけがとの闘いを強いられ、1軍公式戦へと登板は果たせませんでした。それでも、抜群の人間性でどんな時も前向きに練習へと取り組んだ姿は、今でも関係者の間で語りぐさになっています。

    2011年東京ヤクルト1位・川上竜平投手(光星学院高校)

    みちのくを東日本大震災が襲った2011年。その夏の甲子園大会では、青森の光星学院の快進撃に人々は拍手を送りました。その中心にいたのが強打者・川上選手です。

    高校時代は主に外野手としてプレーし、夏の甲子園では3本塁打マーク東京ヤクルトは1位で東海大甲府の高橋周平内野手を指名しますが、中日、オリックスと3球団による競合の結果、抽選を外して川上選手を指名します。それでも「将来のクリーンアップは任せた」「池山2世になれる」と高校球界屈指の強打者に燕党の期待は膨らんだものでした。

    しかし、1年目は左手甲を痛めて出遅れると、ファームでも豪快な打棒は鳴りを潜め、不完全燃焼の日々が続きました。2016年秋、戦力外通告。1軍の公式戦出場はなりませんでした。

    3人に共通して言えるのは、けがの恐ろしさでしょう。プロ野球選手は「無事之名馬」。相手と戦う前に、まずは肉体を万全の整えなければ、活躍の舞台は遠いということです。

     今季からプロの世界に身を投じたルーキーズも、まずは心身のコンディションをしっかり整えた上で、激しい生存競争へと臨んでほしいものです。

    ※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

    [文/構成:ココカラネクスト編集部]

    ・今すぐ読みたい→
    1億円プレイヤーの日本ハムファイターズ「大田泰示」!巨人が活かせなかった彼の素質とは? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/taijiohta-quality/

    甲子園のスターに高すぎた「プロの壁」、活躍を見たかった高卒ドラフト1位の男たち


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【甲子園のスターに高すぎた「プロの壁」、活躍を見たかった高卒ドラフト1位の男たち】の続きを読む



    (出典 bunshun.ismcdn.jp)



    1 ARANCIO-NERO ★ :2020/10/14(水) 10:12:06.47 ID:CAP_USER9.net

    平成から令和に変わり、時代も迅速に進んでいるにもかかわらず、高校野球における体罰の問題はなくなりません。過去と比較すれば、その数自体は減少しているのでしょうが、「あの学校の、あの監督はやっているらしいよ」などといった噂は、いまだによく耳にします。

    では、体罰を根絶できない原因はいったいどこにあるのでしょうか。

    結局のところ、さまざまな指導法に対する勉強不足や、それ以外の方法で問題を解決する意志を持とうとしない努力不足など、高校生を指揮、指導する立場として足りないものがすべて出てしまった結果であると、私は考えます。

    私自身、選手に手をあげることはありませんが、言葉であえて強く言うケースはあります。体罰がないのは当然としても、きつくも言わず、すべて優しい口調だけで指導が成り立つのかと言えば、それは難しい。ときにはあえて強く、きつい言い方をすることも、コミュニケー
    ションの引き出しの一つだと思います。

    今は少しでも強い言葉を使うと、「言葉の暴力だ、パワハラだ」と言われかねない時代です。しかし、そこにおもねっているだけでは、指導が前に進んでいかない部分も正直あります。

    人前で叱ってはダメ、大声で叱るのもダメ、嫌みを言うのもダメ。これでは「頑張って」くらいの言葉しかかけられなくなり、本当の意味での成長を促すことは難しいと思います。

    多少の強制が伴い、選手も少しばかり「嫌だな」と感じたとしても、そこから徐々に良い習慣が生まれ、選手の成長やチームの方向性の統一につながることもあるのです。

    過去には少し強く言いすぎて、立ち直るまでに時間がかかった選手がいたことも事実です。そのため、これまで私が行ってきたことすべてが正しいと言うつもりは毛頭ありません。


    東洋経済
    https://toyokeizai.net/articles/-/381130


    【慶應監督が警鐘「高校野球で体罰」が消えない訳】の続きを読む



    (出典 prtimes.jp)



    1 風吹けば名無し :2020/09/12(土) 09:19:29.57 ID:fhnOPIfR0.net

    なんか理由あるの?


    【なんで野球ってボウズにしないといけないの?】の続きを読む



    (出典 www.nikkansports.com)



    1 名無しさん@実況は実況板で :2020/07/09(木) 07:50:38 ID:Wm4GvJAc.net

    あと星稜×履正社も


    【大阪桐蔭×東海大相模←これ仕組まれてねえか?】の続きを読む



    (出典 static.tokyo-np.co.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/08/16(日) 17:52:57.88 ID:CAP_USER9.net

    ▼2020/08/16(日) 鶴岡東(山形)- 日本航空石川(石川)

    鶴岡東  1 0 2  0 1 0  0 1 0 |5
    航空石川 2 1 0  0 0 0  0 0 0 |3


    【投手】
    (鶴)阿部、太田-北原
    (航)嘉手苅、田中-中谷

    【本塁打】
    (鶴)
    (航)

    https://vk.sportsbull.jp/koshien/text-sokuho/?game_id=2020081663

     【2020年甲子園交流試合第5日第3試合 鶴岡東5―3日本航空石川 ( 2020年8月16日 甲子園 )】 新型コロナウイルスの影響で中止となった今春センバツに出場予定だった32チームによる「2020年甲子園高校野球交流試合」第5日は16日、甲子園球場で行われた。第3試合では、鶴岡東(山形)と日本航空石川(石川)が対戦。鶴岡東が好機に着実に得点し5―3で競り勝った。

     昨夏の甲子園で同校史上初の1大会2勝を挙げた鶴岡東は初回1死一塁から馬場和輝(3年)の左中間適時二塁打で先制。2点を追う3回2死満塁からは吉田陸人(3年)の中前2点適時打で同点に追いつき、5回に相手暴投で勝ち越し。8回1死二塁から小林三邦(3年)の右中間適時二塁打で加点した。投げては、先発の左腕・阿部駿介(3年)、エース右腕・太田陽都(3年)のリレーでリードを守り切った。

     日本航空石川は、1点を追う初回2死二塁から小川純明(3年)の左翼線適時二塁打で同点とし、続く毛利水樹(3年)の右前適時打で勝ち越し。2回には敵失に乗じて1点を加えたが、守備のミスから逆転を許した。

    2020年08月16日 17:48野球
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/08/16/kiji/20200816s00001002272000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【【高校野球/交流試合】鶴岡東 5-3 航空石川 鶴岡東、接戦で日本航空石川下す、5番・吉田が3安打2打点】の続きを読む

    このページのトップヘ