アジアの鷹

スポーツをまとめています。
野球が多いかもしれません。
野球では、ソフトバンクファンです。

    ソフトバンクが大好きです。
    他の球団も載せますよ~
    他のスポーツ全般を載せています。

    カテゴリ: ヤクルト



    (出典 media.image.infoseek.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/01/13(水) 04:12:14.42 ID:CAP_USER9.net

    日本ハムを自由契約となり、ヤクルトに加入した宮台康平投手(25)が12日、自身の投球フォームを「言語化」して飛躍につなげる狙いを明かした。

     「今のフォームを、何が良いのか“言語化”して、自分の中の引き出しにできるようにしたい」

     東大出身の知性派らしく、理論的に話した。

     昨年12月の12球団合同トライアウト(神宮)で3者連続三振の好投。直球は最速144キロをマークし、支配下契約での入団に至った左腕。1月のテーマにフォームを固めることを挙げ、「シンプルに言えば、頭が(捕手側に)突っ込まないこと。左の股関節にしっかり体重を乗せることが大事かなと思います」と、理想をきっちりと「言語化」した。

     戸田球場などで自主トレをこなしており、「肩、肘に不安はない。1月中に(ブルペンに)入ろうと思っています」。さらに「アピールする必要があると思っている。キャンプの最初のシート打撃や紅白戦で投げられるようにしたい」と意欲を示した。

     チームはベテランの石川に次ぐ先発左腕が課題の1つ。高橋、寺島、久保、新人の山野らとの争いに、宮台が名乗りを上げる。(横山尚杜)

    1/12(火) 19:29
    配信
    サンケイスポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210112-00000596-sanspo-base


    【ヤクルト・宮台、東大脳駆使!フォーム「言語化」して理想型へ】の続きを読む



    (出典 static.chunichi.co.jp)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/01/07(木) 11:36:18.14 ID:CAP_USER9.net BE:572338929-2BP(0)


    1/7(木) 11:33
    デイリースポーツ

    ヤクルト・村上がコロナ感染 青木ら5選手が濃厚接触者
     ヤクルト・村上
     プロ野球・ヤクルトの村上宗隆内野手が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性判定を受けたことが6日、分かった。

     村上はヤクルトで4番を務め、昨季は打率・307、28本塁打、86打点と2年続けて活躍。セ・リーグを代表する打者の1人となった。

     また、濃厚接触者として、青木、西浦ら5選手とスタッフ1名が認定された。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/0ed6fe2cf6812d99e36a39e8de64b8ba46df1320


    【ヤクルト・村上がコロナ感染 青木ら5選手が濃厚接触者】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 :2021/01/05(火) 10:25:20.24 9.net

    板野友美がヤクルト高橋奎二と結婚 神7では4人目
    [2021年01月05日04時01分]

    元AKB48でタレントの板野友美(29)が、ヤクルトの高橋奎二投手(23)と結婚することが4日、分かった。今日5日に正式発表するとみられる。
    複数の関係者によると、2人は知人を通じて知り合い、昨年頃から交際をスタートしたという。

    高橋はイケメンで人気の若手左腕。今年は先発ローテーション入りが期待されている。昨年12月に寮を出ており、都内で1人暮らしを始めていた。
    関係者によると、既にチームメートにも紹介済みだという。

    板野は05年12月にAKB48の1期生として劇場デビュー。
    グループのおしゃれ番長として活躍し、09年に行われた第1回選抜総選挙で7位となり、初代「神7(セブン)」のメンバーだ。CM起用ランキング年間1位に輝くなど人気を博した。
    13年のグループ卒業後はソロで活動していた。

    この数年で「神7(セブン)」のメンバーのおめでたい話が続いている。
    既に前田敦子(29)高橋みなみ(29)篠田麻里子(34)が結婚しており、板野は7人中4人目の結婚となる。

    ◆板野友美(いたの・ともみ)1991年(平3)7月3日、神奈川県生まれ。AKB48の1期生として05年12月8日デビュー。
    08年9月に「Cawaii!」専属モデル、10年7月から「ViVi」で連載を担当、同年10月にはベストジーニスト2010の協議会選出部門を受賞。
    11年1月、「Dear J」でソロデビュー。13年8月にAKB48卒業。愛称はともちん。154センチ、A型。

    ◆高橋奎二(たかはし・けいじ)1997年(平9)5月14日、京都生まれ。龍谷大平安から15年ドラフト3位でヤクルトに入団。
    龍谷大平安では2年春のセンバツで初優勝に貢献した。プロ5年目の昨季は10試合に登板し1勝3敗、防御率3・94。
    通算では33試合に登板し6勝10敗、防御率4・95。178センチ、73キロ。左投げ左打ち。今季年俸は推定1450万円。

    https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/amp/202101050000035.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp&__twitter_impression=true


    【ともちんこと板野友美、ヤクルト高橋奎二投手と結婚 】の続きを読む



    (出典 image-full-count.com)



    1 ひかり ★ :2021/01/02(土) 22:28:48.88 ID:CAP_USER9.net

     正月恒例のテレビ朝日系「とんねるずのスポーツ王は俺だ!!」の「リアル野球BAN」が2日放送され、「チーム帝京」と「侍オールスター」の豪華メンバーが激突した。

     「チーム帝京」はとんねるずの石橋貴明を筆頭に元近鉄の吉岡雄二氏、タレントのゴルゴ松本、日本ハムの杉谷、阪神の原口の5人。対戦相手の「侍オールスター」は日本ハムの中田を筆頭に、ソフトバンクの柳田、広島の鈴木誠、オリックスの吉田正、ヤクルトの村上、ツインズの前田健太投手が出演した。

     第1試合は杉谷の満塁弾などで「チーム帝京」が4回コールド勝ち。ただ「侍オールスター」がお約束の土下座で再試合を申し込み、3イニングの2試合目に突入した。その「侍オールスター」が意地を見せたのが4点を追う2回表1死満塁の好機だ。バットに「打倒石橋」の文字を入れた村上の打棒が爆発。弾丸ライナーで右翼席に運ぶ満塁弾で試合を振り出しに戻した。さらに最終回の3回表にはマエケンこと前田健が金属バットで左翼席に勝ち越しソロを放つなど、3点リードで「チーム帝京」最後の攻撃を迎えた。

     ここで杉谷が1試合目に続き、再試合でも本塁打を放ち1点差。さらに試合は白熱していく。2死三塁から最後は原口が執念のヒットを放ち、ついに1点差。再び杉谷がヒットでつなぐと、2死一二塁からゴルゴ松本を迎えた。ただ最後は空振り三振。リアル野球盤史上最長4時間に及んだ熱戦は「侍オールスター」が7-6で勝利した。なお、MVPには6打数3安打で満塁本塁打を放った村上が選ばれた。
    中日スポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/71bbff7bb49af755abb13e7d8df3509ea6d29a47


    【MVPはヤクルト村上「打倒石橋」バットで意地の同点満塁弾!】の続きを読む



    (出典 www.sanspo.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/12/26(土) 06:13:00.13 ID:CAP_USER9.net

    ヤクルトは25日、国内フリーエージェント(FA)権を行使した小川泰弘投手(30)の残留を発表し、東京・北青山の球団事務所で4年総額7億5000万円の契約を結んだ。去就に悩む中、夢に山田哲人内野手(28)が登場したエピソードを明かし「苦楽をともにした仲間と、もう一度優勝して喜びたい気持ちが強かった」と決断の理由を語った。

     FA宣言後から約3週間、悩み抜いて残留の決断を下した。来季以降もスワローズのユニホームでプレーすることになった小川が、球団への思いを自ら切り出した。

     「迷い、悩んでいる中で優しく接してくださった(球団取締役の)原田(要)さん、(チーム運営部長の)斎藤(充弘)さん、本当にありがとうございました。2人のおかげでここに立てていると思います」

     日本ハムが獲得に乗り出しており「最後の最後まで悩んでいました」。それでも入団から8年間プレーした愛着のあるヤクルトと総額7億5000万円の4年契約を締結。決め手の一つに、山田哲の存在があったことを明かした。

     「(今月10日頃に)リーグを変えて戦いたいと気持ちが動いた瞬間もありましたが、その(揺れ動いた)日の夜に山田哲人の顔が夢に出てきました」

     当時の様子を思い出しながら「アップで顔がパンっと。こわっ!と思いました」と周囲を笑わせた。2歳下の山田哲から受けた“残留要請”。「苦楽をともにした仲間と、もう一度優勝して喜びたい気持ちが強かった」と絆を再確認した。

     ヤクルトは今季、国内FA権を取得した山田哲と小川、抑えの石山がいずれも残留。燕党ファンにとってクリスマスプレゼントとなった。

     来季の開幕投手の筆頭候補でもある小川は優勝と2年連続の2桁勝利を目標に掲げ、「哲人とも協力して引っ張っていきたい」と自覚を口にした。(横山尚杜)

    12/26(土) 5:00
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201226-00000509-sanspo-base


    【ヤクルト・小川、4年総額7・5億で残留】の続きを読む

    このページのトップヘ