アジアの鷹

スポーツをまとめています。
野球が多いかもしれません。
野球では、ソフトバンクファンです。

    ソフトバンクが大好きです。
    他の球団も載せますよ~
    他のスポーツ全般を載せています。

    カテゴリ: 西武



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/11/23(月) 18:54:08.33 ID:CAP_USER9.net

    西武が、今季は33セーブでタイトルを獲得し、今年7月に取得した国内フリーエージェント(FA)権の行使も視野に入れている増田達至投手(32)の引き留めに、4年総額12億円の大型契約を提示していることが22日、分かった。締結すれば球団の日本人投手では最長となる。最大限の誠意を示し、守護神の流出を阻止する。

     来季に2年ぶりに覇権を奪還するため、まずは守護神の流出阻止に全力を尽くす。球団関係者の話を総合すると、コロナ禍で大幅な減収となる中でも守護神で投手陣のまとめ役でもある右腕に対し、4年総額12億円の大型契約を提示していることが判明。契約満了となる24年シーズン終了時は36歳。文字通り「生涯ライオンズ」ともいえる破格の条件だ。

     02年5月に台湾から移籍した張誌家の10年、主砲・中村の4年契約の例はあるが、締結すれば日本人投手としては球団史上で最長契約。今年、球団最多だった豊田清1軍投手コーチを抜いて通算136セーブまで更新している右腕にとっては名球会入りの条件となる通算250セーブ到達も視野に入ってくる。

     増田は昨オフ、球団側から複数年契約を提示されたが「一年一年、勝負がしたい」と固辞。年俸1億9000万円で1年契約を結んだ。今季、チームは目標としていたリーグ3連覇を逃して3位に沈んだものの、33セーブを挙げて自身初となる最多セーブのタイトルを獲得。平良、森脇らの若手が多い救援陣を引っ張り、5勝負けなし、防御率2・02と抜群の安定感を誇った。

     増田についてはシーズン前から水面下で複数球団が調査を行っているとみられる。この日、カーミニークフィールドでの秋季練習を打ち上げた右腕は自身の去就について「考えて、タイミングが来れば話します。発表します」と慎重な姿勢。「ある程度、方向性が出ているのか?」との問いには「タイミングが来れば」とだけ語った。球団が示した最大限の誠意。決断の時は、刻一刻と迫っている。

     ◆増田 達至(ますだ・たつし)1988年(昭63)4月23日生まれ、兵庫県出身の32歳。柳学園、福井工大、NTT西日本を経て12年ドラフト1位で西武入団。15年にリーグ最多40ホールド(2勝)で最優秀中継ぎ投手を受賞。16年途中から抑えに定着。今季は自己最多の33セーブを挙げ、最多セーブ投手のタイトルを獲得。1メートル80、88キロ。右投げ右打ち。

     ▽西武の過去の長期契約 外国人選手を除き、球団初の複数年契約は97年オフの伊東勤。FA資格を再取得した伊東は宣言残留で合意し、3年契約を結んだ。生え抜き最長は13年オフの中村剛也で11年オフに結んだ3年契約を抜き、年俸変動制の4年契約で合意。投手では11年オフに国内FA権を行使した帆足和幸に対し4年契約を提示も合意に至らずソフトバンクに移籍。昨オフにFA宣言した十亀剣は、3年契約を結び残留となった。また外国人選手では02年5月に台湾から移籍した張誌家が異例の10年契約。しかし成績不振で06年に契約期間を満了せずに退団した。

    11/23(月) 5:30
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201123-00000050-spnannex-base


    【西武 FA権行使視野の“守護神”増田に4年12億円提示 残留へ最大限の誠意】の続きを読む



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/11/21(土) 06:48:21.32 ID:CAP_USER9.net

     今季「58勝58敗4分・勝率.500」でパ・リーグ3位となった西武。20日、その西武が日本ハムの左腕投手・吉川光夫を金銭トレードで獲得したことを発表した。

     報道によると、西武は今季を通じて一軍で戦力となった左腕がリリーフの小川龍也しか見当たらず、その小川も16日に受けた左ひじ手術の影響で来季開幕に間に合うか微妙な状況のため吉川に白羽の矢を立てたとのこと。球団の渡辺久信GMは、球団公式サイトを通じ「ライオンズに必要な左の戦力として吉川投手を獲得することになりました。重要な場面で活躍してくれることを期待しています」とコメントしている。

     >>西武・松坂、一軍登板ナシでも残留のワケ渡辺GMの計算通り?先例との決定的な差は埋められるのか<<

     これまで日本ハム(2007-2016,2019-2020)、巨人(2017-2019)でプレーしている32歳の吉川は、先発・リリーフとして通算で「214登板・55勝70敗3ホールド3セーブ・防御率3.91」といった成績を残している左腕。しかし、ここ5年は「79登板・14勝20敗3ホールド3セーブ・防御率4.67」と不振が続いている。

     こうした経緯もあってか、吉川のトレードにネット上には「ここ数年まともな成績残してないから期待できない」、「吉川を加え入れたところで焼け石に水なんじゃないか」、「いくらで獲ったのかは分からないけど、金の無駄で終わりそうな予感しかしない」と辛らつな声が多数寄せられている。なお、金銭トレードは一般的に獲得球団が選手の年俸に応じた額を相手球団に支払うとされているため、西武は吉川の今季年俸である3500万円(推定)前後を日本ハムに支払ったものと思われる。
     
     一方、「失敗と決めつけるのは早い、榎田みたいになる可能性もある」、「吉川に期待できないとか言ってる人は榎田のこと忘れちゃったの?」と擁護するコメントも複数見受けられた。

     「西武がトレードで選手を補強するのは、2018年3月に岡本洋介とのトレードで阪神から獲得した左腕・榎田大樹以来約2年ぶり。榎田もそれまでの5年で計7勝と数字を残していなかったため『意味のないトレード』と疑問視するファンは少なくありませんでしたが、いざふたを開けると榎田は同年キャリアハイの11勝を挙げチームの10年ぶりのリーグ優勝に貢献しました。西武は阪神に比べ打撃力に秀でているため援護をもらいやすくなったこと、その援護により『多少は打たれても大丈夫』と肩の力を抜いて投げられる機会が増えたことなどが好成績の理由とみられていますが、吉川も榎田と同じように移籍を機に一味違った姿を見せてくれるのではと考えているファンもいるようです」(野球ライター)

     2012年に「14勝5敗・防御率1.71」でリーグMVPに輝いた経験を持つ吉川。実績でいえば榎田以上の投手だが、果たして西武移籍をきっかけに復活することはできるだろうか。

    https://news.nifty.com/article/sports/baseball/12184-200073983/
    2020年11月20日 20時30分 リアルライブ


    【吉川トレード獲得の西武に「金の無駄」ファン大ブーイング 不振長引く左腕の加入】の続きを読む



    (出典 www.sanspo.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/11/18(水) 21:05:16.26 ID:CAP_USER9.net

    開幕前の6月7日、練習試合に登板した松坂。今年は公式戦での登板はなかった

     西武の後藤高志オーナー(71)が18日、来季の現役続行が確実となっている松坂大輔投手(40)の完全復活を熱望した。

     東京都内で行われたオーナー会議に出席後、辻監督や渡辺GMからシーズン報告を受けた。14年ぶりに古巣復帰しながら7月に手術を受け1軍登板なしに終わった松坂について「大いに期待しています。
    今年は彼自身も残念だったと思うし、せっかくライオンズに来て、ライオンズのユニホームを着たわけだから、来シーズンは松坂の投げている姿を(メットライフ)ドームで見たいと思う」と41歳シーズンでのカムバックを待ち望んだ。

     松坂は新型コロナウイルスの影響で外出自粛していた5月ごろから首の痛みと右手のしびれが強まり、原因となった頸椎の手術に踏み切った。球団は状態が整えば戦力になり得ると判断し、来季も契約を結ぶ方針を固めている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/adc91459d0a44d465494eac6f7f2ffae1ff8249c
    11/18(水) 17:29配信


    【松坂40歳で1軍登板なし それでも西武オーナー「投げている姿見たい」】の続きを読む



    (出典 i.daily.jp)



    1 幻の右 ★ :2020/11/17(火) 06:43:59.81 ID:CAP_USER9.net

    11月8日、ロッテとの直接対決に敗れ、CS出場の夢が絶たれた西武。追い上げムードのチームの足を引っ張ったのが平尾博司二軍打撃コーチ(44)である。

     発端は10月16日、1人の選手が「私物が無くなった」と申し出たことで球団が調査を開始。すると――、

    「昨年新設された二軍寮の防犯カメラに、平尾コーチが選手の靴を盗む場面がバッチリ映っていたのです。しかも自分で履いて堂々と球場に来ていたというから驚きでした」(球団関係者)

     さらに翌17日には、8月下旬に発生したもう一件の窃盗を確認。本人も犯行を認めたため、10月31日付で契約解除となった。

     平尾コーチは1994年、埼玉の大宮東高からドラフト2位で阪神に入団した。

    「入団3年なのにポルシェを買うなど、見栄っ張りなところがあった。4年で『遊びたい』という理由で寮を出ましたが、翌年、野村克也監督から『もっと練習しろ』と寮に戻されていましたね」(阪神番記者)

     阪神ではケガなどもあって結果が出ず、01年のシーズン途中で西武に移籍。

    「長い茶髪と週1の日焼けサロン通いの黒い肌、奔放な性格から『チャラ尾』の愛称で一躍、人気選手に。勝負強い打撃で3度のリーグ優勝、2度の日本一に貢献しました」(西武番記者)

     12年の引退後は球団職員となり、小中学生を指導する「ライオンズアカデミー」のコーチとして活動。さらに地元のテレビやラジオでレギュラー番組を持つなどチームに貢献していた。

    “ライオンズ愛”溢れる男がなぜ……
     昨年から二軍コーチとして念願の現場復帰を果たし、

    「若手の早出練習に付き合って午前8時前から一緒に汗を流していた姿が印象的でした。新米記者にも『おはよう!』と挨拶するなど親分肌のキャラで慕われ、『いずれは一軍コーチに』という声もあった」(同前)

     そんな“ライオンズ愛”溢れる男がなぜ……。前出の球団関係者は「年俸は1000万~1200万円ほどで、カネに困っていた様子もない。妻子を関西に残しての単身赴任生活が続いていたので、ストレスが溜まっていたのでは」と語る。

     だが一方でこんな声も。

    「実は球団職員時代から、他球団にも聞こえてくるほど“手癖”の悪さは噂になっていた。特に出勤してくるタイミングには気を付けた方がいい、と言われてましたね」(球団OB)

     西武の広報部は事件について「(余罪は)この2件以外にはございません。(窃取した理由は)はっきりとしたことは言っておりませんでした。(警察への被害届は)選手からは出されていません。当社から出す予定もございません」と回答。

     まさに“獅子身中の虫”だった。

    「週刊文春」編集部/週刊文春
    11/17(火) 6:12
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c9fd8a64daf0c9981637c204dd1bc555961ab93b


    【選手の靴を盗む場面が防犯カメラにバッチリ……“窃盗”で契約解除】の続きを読む



    (出典 stat.ameba.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/11/08(日) 19:54:48.60 ID:CAP_USER9.net

    西武が辻発彦監督(62)に来季も指揮を託す方針であることが8日、分かった。就任4年目の今季は、この日のロッテ戦に敗れて3位が決まった。4年連続でのクライマックスシリーズ(CS)進出を逃したが、昨季までパ・リーグ2連覇を果たした手腕を球団は高く評価。全日程終了後に正式に契約延長を打診する見込み。

     就任1年目の2017年にチームを前年の4位から2位に躍進させ、翌年からリーグ2連覇を達成。今季は秋山翔吾外野手が米大リーグ、レッズに移籍し、山川穂高内野手や森友哉捕手ら主力が不振に陥る中でも、粘り強い采配で接戦をもぎ取り、終盤までCS争いに加わった。

    11/8(日) 19:37https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201108-00000149-kyodonews-base


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【西武、辻監督が続投へ CS逃すも手腕評価】の続きを読む

    このページのトップヘ