アジアの鷹

スポーツをまとめています。
野球が多いかもしれません。
野球では、ソフトバンクファンです。

    ソフトバンクが大好きです。
    他の球団も載せますよ~
    他のスポーツ全般を載せています。

    カテゴリ: 駅伝


    ナイキ(Nike, Inc.)は、アメリカ合衆国・オレゴン州に本社を置くスニーカーやスポーツウェアなどスポーツ関連商品を扱う世界的企業。設立は1968年。ニューヨーク証券取引所に上場。 社名の由来は、同社社員のジェフ・ジョンソンが夢で見たギリシャ神話の勝利の女神「ニーケー (Nike)」から。
    28キロバイト (3,338 語) - 2020年1月15日 (水) 15:08



    (出典 d6vlq12fn2gvh.cloudfront.net)



    1 峠 ★ :2020/01/15(水) 23:20:28 ID:CAP_USER.net

     英紙「テレグラフ」、「タイムズ」、「デイリーメール」など英各紙は15日、男女のマラソン世界記録を誕生させるなど
    陸上長距離界を席巻しているナイキ社の厚底シューズ「ヴェイパーフライ」について、国際陸連によって
    禁止となる可能性が高いと一斉に報じた。国際陸連は昨秋から調査チームを立ち上げており、
    「デイリーメール」によると今月末にも調査結果が発表されるという。

     ナイキの厚底シューズ「ヴェイパーフライ」シリーズは、「軽さ」と「クッション性」の両立のため、
    ミッドソールに航空宇宙産業で使う特殊素材に由来するフォーム(ズームX)を採用、「推進力」をつけるため、
    特殊素材の間に反発力のあるスプーン状のカーボンプレートを挟み込むなどの技術が詰め込まれており、
    使用した選手は近年の主要国際マラソンの上位を独占してきている。

     昨年10月のロンドンマラソンではコスゲイ(ケニア)が2時間14分4秒の女子マラソン世界記録をマーク。
    ポーラ・ラドクリフの持っていた世界記録を16年ぶりに更新した。また男子の世界記録保持者のキプチョゲ(ケニア)は
    昨年、2時間切りを目指す非公式レースでナイキ社の最新シューズをはき、人類で初めて2時間を切る
    1時間59分40秒(非公認記録)をマークしている。日本でも大迫傑が日本記録をマークしたほか、
    1月2、3日に行われた箱根駅伝では8割を超える選手が着用し、区間新記録が10区間中7区間で誕生。
    驚きと戸惑いの声が上がっていた。禁止となれば、陸上長距離界に大きな衝撃が走ることになる。

     「テレグラフ」はキプチョゲの「これらの靴は公平だ。テクノロジーは進化しており、それを否定することはできない」という
    規制に反対するコメントを掲載した。

     国際陸連の規則では「競技に使用されるシューズはすべてのランナーが合理的に利用可能でなければならず、
    不公平なサポートや利点を提供するものであってはいけない」とあり、これに抵触するかが焦点となっている。

    今月2、3日に開催された箱根駅伝でも多くの選手が履いたナイキ社製シューズ

    (出典 i.daily.jp)


    ソース デイリースポーツ 01/15
    https://www.daily.co.jp/general/2020/01/15/0013036453.shtml


    【国際陸連が禁止か 複数英紙報じる…】の続きを読む



    (出典 dogatch-static-data.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    1 名無しさんにズームイン! :2020/01/03(金) 13:19:26.96 ID:I4Xy+c0h0.net

    【酒】第96回箱根駅伝 復路★5
    https://himawari.2ch.net/test/read.cgi/liventv/1578021358/


    【【酒】第96回箱根駅伝 復路★6】の続きを読む



    (出典 www.soka.ac.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/03(金) 04:41:22 ID:upV0qr7q9.net

    箱根駅伝の往路は5人全員がピンクの厚底シューズを履いた青学大が完勝した。抜群の調整力に絶妙な区間配置。
    原晋監督とアオガクの素晴らしさが詰まったレースになった。

    超高速となった1区はエース吉田圭太(3年)がトップと18秒差の7位で発進すると、2区岸本大紀(1年)でトップに立った。
    3区鈴木塁人(4年)は東京国際大のイェゴン・ヴィンセント・キベット(1年)にかわされるも、4区吉田祐也(4年)が区間賞(区間新)の快走で再逆転。
    一度は並ばれた國學院大に1分28秒差をつけた。5区飯田貴之(2年)も区間2位(区間新)で山を駆け上がり、3年ぶりに往路Vを達成。往路記録を5分以上も短縮した。

    エースを1区に起用して、ルーキーを2区に抜擢するなど、原監督は選手のタイプとコースのマッチングを考えて区間を配置。
    それがズバッと的中した。原マジックが炸裂したと言っていいだろう。

    なかでも関係者を驚かせたのが4区吉田の快走だった。東洋大・相澤晃が昨年樹立した区間記録を24秒も短縮する1時間0分30秒で走破。
    ライバル校の反撃体制を崩すことに成功した。

    前回王者・東海大の両角速駅伝監督は、「名取(燎太)は2区を考えていたんですけど、アキレス腱を痛めて練習が不十分な期間がありました。
    それを考えれば、4区でよくやったかなと思います。吉田君は区間2位の名取を1分以上も引き離しましたし、相澤君の区間記録も破るのかという感じもあったので、そこはお手上げですね」と苦笑い。

    5区に区間記録保持者・浦野雄平(4年)を擁していた國學院大は、「2分差ならひっくり返せる」と読んでいた。しかし、飯田の走りが“山の神候補“のリズムを狂わせた。

    「序盤で詰まれば浦野も乗っていけたと思うんですけど、いい走りをしていても、さほど差が詰まらなかった。飯田君が強かったですね。ウチとしては全員がベストを尽くしたナイスレースだったと思います。
    それで勝てなかったのは相手が強かった」と前田康弘監督も青学大のパーフェクトレースを称えていた。

    青学大以外の“5強“では國學院大が2位で、東海大が4位(3位は東京国際大)。駒大は8位、東洋大は11位と大苦戦した。
    優勝争いは青学大、1分33秒差の國學院大、3分22秒差で追いかける東海大に絞られたと見ていいだろう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200103-00010000-wordleafs-spo
    1/3(金) 4:28配信


    【【箱根駅伝】6区が勝敗を分ける箱根駅伝V行方。】の続きを読む



    (出典 campusgraffiti.jp)



    1 ちくわ ★ :2020/01/03(金) 14:52:13.25 ID:PDjiMktB9.net

     第96回東京箱根間往復大学駅伝・復路は3日、神奈川・箱根町から東京・大手町までの5区間、109・6キロに21チームが参加して行われ、青学大が大会新記録となる10時間45分23秒で2年ぶり5回目の総合優勝。連覇を狙った東海大は10時間45分23秒で総合2位に終わり、2年連続2回目の総合優勝はならなかった。

     往路1位の青学大と3分22秒差の4位でスタートした6区の館沢亨次(4年=埼玉栄)が区間新で区間賞を獲得し3位に浮上。トップの青学大との差を2分21秒として、7区の松崎咲人(1年=佐久長聖)につないだ。松崎も序盤から飛ばし、区間3位の力走でトップとの差を2分1秒に詰めた。

     8区の小松陽平(4年=東海大四)も区間賞を獲得する走りを見せ、青学との差を2分にするも、9区の松尾淳之介(4年=秋田工)が3分42秒差に広げられた。アンカーを任された10区の郡司陽大(4年)は必死に追い上げたが、青学大の3分2秒遅れでのゴールとなった。

     チームを率いた両角速監督(54)はレースを振り返って「指導者として感動しました」とコメント。「7区くらいまではいい流れだった。8区の小松も区間賞を取って追撃態勢だったが青山学院さんの力強い走りに及ばなかった。力負けだった」と優勝を果たした青山学院を称えた。最後は4年生に「いろんなものを残してくれた。それを後輩たちへ受け継いでいきたい」と感謝した。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17614239/
    2020年1月3日 14時22分


    【【箱根駅伝】東海大 連覇ならず総合2位でフィニッシュ 両角速監督「力負けだった」】の続きを読む



    (出典 www.hakone-ekiden.jp)



    1 名無しさんにズームイン! :2020/01/03(金) 10:18:42.99 ID:mzfYplzoa.net

    【王者復活】中央大学応援実況スレッド@2020箱根駅伝★4
    https://himawari.5ch.net/test/read.cgi/liventv/1578003045/


    【【王者復活ならず】中央大学応援実況スレッド@2020箱根駅伝★5】の続きを読む

    このページのトップヘ