アジアの鷹

スポーツをまとめています。
野球が多いかもしれません。
野球では、ソフトバンクファンです。

    ソフトバンクが大好きです。
    他の球団も載せますよ~
    他のスポーツ全般を載せています。

    カテゴリ: 広島



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)



    1 ひかり ★ :2021/09/09(木) 18:53:57.00

     【広島―中日】(9日、マツダスタジアム)

     広島東洋カープの鈴木誠也が球団タイ記録となる6試合連続本塁打を放った。

     西川龍馬の9号2ランで先制した後の一回1死。1ボール1ストライクから中日・勝野が投じた外角高めのスライダーを逆方向へはじき返した。右中間スタンドまで運び「龍馬からのいい流れに続くことができてよかった。追加点になってよかった」と振り返った。

     これで9月3日のヤクルト戦(東京ドーム)から6試合連続本塁打で、1987年のランス、2005年の新井貴浩が持つ球団記録に並んだ。
    中国新聞社

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e49440741d6c88a8f6853e71ecc8242294a65974


    【【野球】鈴木誠也が6試合連続アーチ、球団タイ記録】の続きを読む



    1 風吹けば名無し :2021/08/30(月) 18:08:51.25 ID:GW8MuplM0.net

    なんでそんなことするんや!


    【広島のキャッチャー會澤、阪神戦でギリギリまで気配を消していた】の続きを読む



    (出典 nanjpost.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/06/16(水) 23:10:31.65 ID:CAP_USER9.net

    「日本ハム8-1広島」(16日、マツダスタジアム)

     広島は、日本ハムに敗れ、交流戦を3勝12敗3分で終えた。3勝は、15年のDeNAに並びワーストタイとなった。また、18試合連続で先発投手が未勝利。交流戦で先発に白星がつかなかったのは史上初。

     新型コロナウイルス陽性判定から復帰登板となった九里は、5回5安打2失点。その後、六回から登板したコルニエルや中田が打ち込まれた。

     打線は五回、野間の適時内野安打で奪った1点のみだった。試合後の佐々岡監督の一問一答は下記の通り。

     -交流戦最後は悔しい結果に終わった。

     「昨日、ああいう勝ち方をして、きょうにつながれば、と思ったんだけど。こういう結果で終わり、球場に来てくれたファンに申し訳ない」

     -九里については。

     「本来の球ではなかったかもしれないけど、何とか2点で試合をつくってくれた」

     -攻撃はあと1本でなかった。

     「力のある球に、スライダー、カーブにやられた」

     -新型コロナウイルス陽性判定など、難しい戦いだった。

     「コロナで、という言い訳はない。チーム全体厳しい状況で、若い選手はチャンスがあった。チャンスをものにした若手は、くらいつく姿勢はみせてくれた。それが勝利に結びつかない歯がゆさは、みんなが持っている」

     -先発投手に勝ちがつかなかった。

     「打線との兼ね合い等で、良い投球をしても勝てない、打線が打ったら打たれるという歯車がかみ合わないこともあった。先発がしっかり試合をつくって、攻撃が先制するという形をつくっていかないと。もう一度、原点にかえって戦いたい」

     -東京五輪の野球日本代表に5人が選ばれた。

     「名誉なこと。五輪は4年に1回。選ばれた選手は頑張ってほしい。日本のためにやってほしい」

     -会沢は下半身のコンディション不良で抹消された。

     「どんな状況になるか、ケガの状況によって。選ばれた以上は、そこに目指してやると思う。メンバーに入って金メダルを目指したいという気持ちは持っているという思う」

    6/16(水) 23:03
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0d84319a99fd61ff6e59475696f5d69797dc716d


    【【野球】交流戦最下位に終わった広島・佐々岡監督】の続きを読む



    (出典 baseball-sokuho.com)



    1 ひかり ★ :2021/06/13(日) 19:23:56.85 ID:CAP_USER9.net

     2年ぶり開催のセ・パ交流戦は13日、各地で6試合が行われ、セ・リーグは阪神、ヤクルト、DeNA、パ・リーグは西武、オリックス、ロッテが勝利。通算成績はセの48勝46敗11分けとなった。

     この日の試合はコロナ禍と降雨ノーゲームで計3試合が順延となっている広島を除くセ5球団が交流戦最終戦。広島は14日と15日に西武と、16日には日本ハムとともに本拠マツダで対戦するが、広島が1勝した時点で2009年以来12年ぶり2度目となるセ・リーグの交流戦勝ち越しが決まる。

     広島は現在、2019年6~7月に喫した11連敗(1分け挟む)以来2年ぶりとなる7連敗中(2分け挟む)で、交流戦の最下位に続いてセ・リーグでもこの日のサヨナラ負けで最下位に転落。新型コロナウイルス陽性から復帰した菊池涼と鈴木誠がともに復帰後初アーチを放ったが、デビューから22試合連続無失点を続けていたドラフト1位守護神・栗林が23試合目で初めて失点し、プロ初黒星を喫するなど流れは悪いが、残り3戦でセ・リーグ勝ち越しを決めることができるか注目される。

    スポニチ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/648b0170cb84aada27d2e7cb611145ca6947e568


    【【野球】12年ぶり2度目のセ勝ち越しなるか?】の続きを読む



    (出典 www.meijo-u.ac.jp)



    1 ひかり ★ :2021/05/24(月) 18:51:34.91 ID:CAP_USER9.net

     広島は24日、1、2軍の監督、コーチ、選手、スタッフ134人に新型コロナウイルスのPCR検査を実施し、全員が陰性と判定されたことを発表した。23日までに12人(選手9人)が陽性と判定されていたが、5日連続の実施となった24日の検査では感染の拡大はなかった。

     25日の西武戦(マツダ)の開催の可否については、当日午前に行われる12球団の臨時実行委員会で判断される。
    報知新聞社

    https://news.yahoo.co.jp/articles/82ac33bd1ff6fa559fe3785e70bc37c29d4e73ff


    【広島 24日の新型コロナPCR検査は全員陰性、25日の西武戦の開催は当日に決定】の続きを読む

    このページのトップヘ