アジアの鷹

スポーツをまとめています。
野球が多いかもしれません。
野球では、ソフトバンクファンです。

    ソフトバンクが大好きです。
    他の球団も載せますよ~
    他のスポーツ全般を載せています。

    カテゴリ: 広島



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)



    1 ひかり ★ :2022/06/27(月) 00:36:40.22
     パドレス傘下3Aエルパソを退団した秋山翔吾外野手(34)が広島移籍を決断したことが26日、分かった。古巣の西武、ソフトバンクを含めた国内3球団と入団交渉を行い、この日までに入団の意思を伝えた。3年契約とみられ、27日にも正式発表される。日本でのプレーは2019年以来3年ぶり。15年にはシーズン216安打をマークしたヒットメーカーが、赤ヘル軍団の一員として再出発する。

     秋山が熟考の末、決断した。新天地は、他2球団に比べ劣勢ともみられていた広島だ。

     秋山は19日にエルパソを退団。日本球界復帰を決めると20日に帰国し、22日から古巣・西武、ソフトバンク、広島と3日連続して自ら交渉を行った。「簡単には決められないかもしれない。ただ長引かせるつもりはない。なるべく早く頭の中を整理しないといけない」と話していたが、この日までに広島に入団の意思を伝えた。

     当初は、レッズを退団した時から声をかけていた西武、同じく継続的に調査していたソフトバンクが優勢との見方もあった。しかし、秋山は「どんな役割を求められるか、どう評価されているのか。チームのことを知りたい」と話すなど、フラットな状態から、自分にフィットする球団を求めていたようだ。

     広島・鈴木球団本部長は、24日の交渉後に「選手としては申し分ないし、実績を見てもね。カープにとって大きな財産になる。自分の思うこと、正しいことをきっちり言える人間。人に対して壁をつくることもない」と、戦力としてだけでなく人間性にまで言及し、ラブコール。複数年契約の条件に納得した上で、評価、そして今後への期待が秋山の心に響いたとみられる。

     広島は昨オフ、大黒柱の鈴木誠也がカ*へ移籍。外野が固定できない現状に加え、左打ちの若手も多く、日米通算1476安打のヒットメーカーは最高の生きた教材となる。秋山自身にとっても侍ジャパンで気心が知れた同い年の会沢を始め、菊池涼、西武時代に指導を受けた河田ヘッドコーチら溶け込みやすい環境と言える。

     「広島・秋山」は27日にも正式発表され、日程調整がつき次第、入団会見に臨むことになる。西武からメジャー、そして広島へ。新天地でまたヒットを積み重ねていく。

     ◆秋山 翔吾(あきやま・しょうご)1988年4月16日、神奈川・横須賀市生まれ。34歳。横浜創学館高、八戸大を経て2010年のドラフト3位で西武入団。15年にはNPB新の年間216安打。首位打者1度、最多安打4度。ベストナイン4回、ゴールデン・グラブ6回。19年オフに海外FAでレッズと3年契約を結ぶも今年4月、戦力外となり、パドレスとマイナー契約。183センチ、88キロ。右投左打。
    報知新聞社

    https://news.yahoo.co.jp/articles/cda510580fd2cad4ed4220eb137edcb02dc2bad3

    【【野球】秋山翔吾、広島移籍決断】の続きを読む



    (出典 www.nishinippon.co.jp)



    1 公共放送名無しさん :2022/05/05(木) 13:27:49.77

    プロ野球2022「広島」対「巨人」~マツダスタジアムから中継~
    [総合] 2022年05月05日 午後1:50 ~ 午後5:30 (220分)

    こどもの日スペシャル!宮本さん&球児さんが全国のこどもの質問に答えます!お便り募集HPまたは#野球には夢がある▽勝負強い坂倉‥HRキング岡本‥心に刻む一打なるか
    番組ページへ
    出演者ほか
    【解説】宮本慎也,藤川球児,【アナウンサー】浅井僚馬
    詳細
     (試合開始 2:00) 【解説】宮本慎也,藤川球児,【アナウンサー】浅井僚馬 ~マツダスタジアムから中継~
    ジャンル
    スポーツ - 野球


    【「広島」対「巨人」 9回戦 ~マツダスタジアムから中継~】の続きを読む



    (出典 www.nikkansports.com)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/01/23(日) 02:43:32.75 ID:CAP_USER9.net

    1/22(土) 21:54配信
    東スポWeb

    広島・田中広(東スポWeb)

     巻き返しの一年にする。広島の田中広輔内野手(32)が22日、マツダスタジアムに隣接する室内練習場での合同自主トレに参加。20日までは弟のDeNA・田中俊、ロッテの中村奨とともに沖縄でトレーニングを行った。

     このオフ、主に取り組んでいるのは「走ること」だ。その理由を田中広は「走れなくなったら野球選手として終わりなので」と説明。これは継続して取り組んできたことではあるが「これまで自分がやってきたことをもう一度信じて」と話した。

     昨年は81試合の出場にとどまり、打率2割6厘、2本塁打、8打点の成績だった。今年に向けては「1年間通してもう一回しっかり野球をやりたい。みんなで『いいシーズンだったな』と言って終われるようなシーズンにしたい」と語った。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/0001436de53858b895fd972f6fa61067246aa31b


    【【野球】広島・田中広輔が合同自主トレに参加】の続きを読む



    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/01/19(水) 06:27:54.10

    1/19(水) 6:15配信
    東スポWeb

    広島・野間峻祥(東スポWeb)

     広島の野間峻祥外野手(28)が勝負の一年を迎える。今季は昨季の鈴木誠から野手主将を引き継ぎ、投手主将の九里とともにチームを引っ張る立場にある。ただ、レギュラーを確約された立場にないのは自身が一番認識している。

    「まずはレギュラーをしっかり取れるようにアピールしないといけない」と野間。結果がすべてのプロの世界だけに「後輩たちに言えるようになるには自分も責任を持ってワンプレーをやっていかないといけない」と厳しい覚悟を持って臨む。

     理想として追い求めるのは新井貴浩氏(44)の姿だ。新井氏とは4年間、チームメートとして過ごした。新井氏が引退した2018年に野間はプロ入り初の規定打席に到達。ほとんど一軍で過ごした2018年は多くのことを学ぶ一年になった。

    「気になったことがあれば新井さんに『どういう意識でやっていますか?』と聞いても返してくれた。本当に頼りになります」と野間。そして言葉以上にその背中に刺激を受けた。広島に新井氏が戻ってきたのは38歳のシーズンだった。

     野間は「一塁まで全力疾走する、守備も飛びついていく執念、泥だらけになってあの年でやられている姿勢ですね。やっぱりすごいなと思いましたし、自分のやらないといけないと思いました」と改めて新井氏のすごみを認識している。

    「もう*でもいいし、何でもいいからとにかく必死にやる姿勢はもっと出してやらないといけないのかなと思っています。(今年は)そういう姿勢を変えていければ」と強く心に誓っている。ひたすら前進。そんなシーズンにする。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d0108a6edc68dd220d08d1f33ae7c1b74379ddf5


    【【野球】広島・野間が追い求める】の続きを読む



    (出典 cdn.mainichi.jp)



    1 Egg ★ :2022/01/09(日) 06:43:15.04

    広島の新人合同自主トレが8日、廿日市市の大野練習場でスタートした。ドラフト6位・末包(すえかね)昇大外野手(25)=大阪ガス=は、現在チーム最重量となる110キロの体重を落とさないと宣言。右の長距離砲として期待されており、自慢のパワーを失わないために体重維持に努める。キャンプ完走を目指し、準備を整えていく。

     新人11選手の中でも、その体格は際立って大きく見えた。末包は188センチ、110キロの体をフルに動かして、合同自主トレ初日を終えた。「緊張とかはなかったですね。楽しくやれました」と充実感を漂わせた。

     今後はキャンプでのアピールに向けて体を絞ると思いきや、現在の体重を維持するという。「110キロの体重でランニングもできているので問題ない。この状態をキープしながら動ければ。110キロから落ちても108キロぐらいで止めたい」とプランを明かした。

     自慢のパンチ力を維持するためでもある。昨年12月の都市対抗野球1回戦・伏木海陸運送戦は東京ドームのバックスクリーンに先制ソロ。低い弾道で突き刺し、長距離砲の素質を見せつけた。趣味のゴルフでも最高飛距離が350ヤードという怪力の持ち主。プロでもパンチ力を発揮するために体重をキープする。

     大阪ガス時代も110キロを維持してきた。練習の合間には、こまめに補食しながら体重の増減をケアしてきた。その経験を生かし「今回も合間でプロテインとかを補給しながらやりたい」と意欲十分だ。右の大砲となるべく、体重には人一倍の注意を払っていく。

     体重同様に、プロでもバットも変えない方針。慣れ親しんできた870グラム、ミドルバランスの相棒だ。大阪ガス入社当初は、長距離打者が使用する長くて先端が重いバットを使っていた。だが、パワーがついたことで飛距離を失わず、確実性も高いバットをプロでも使用する。

     ポスティングシステムでのメジャー挑戦を目指す鈴木誠の後釜として、チームからの期待は大きい。松田オーナーも5日の仕事始めで「未知数だけどひょっとしたら、という期待感がある」と名前を挙げたほどだ。

     この日は約50分間のアップ後、ノック、インターバル走などをこなした。2月1日のキャンプインまで約3週間。「ケガなくキャンプを完走するために今、何ができるか考えて体をつくりたい」。体もバットも“不変”を貫き、期待に応えていく。

    ディリースポーツ 1/9(日) 6:30
    https://news.yahoo.co.jp/articles/16ba7d140040b048d9c16b504d17dbbb79a6b85c

    写真 
    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=522&h=640&exp=10800


    【【プロ野球】110キロの体重を落とさないと宣言!】の続きを読む

    このページのトップヘ